Society 社会

ダイバーシティ

トップメッセージ

【人物写真】日本水産株式会社 社長 的埜 明世

多様な人材が活躍できるグッド・カンパニーを目指します多様な人材が活躍できるグッド・カンパニーを目指します

日本水産株式会社
代表取締役社長執行役員
最高経営責任者(CEO)
【社長サイン】的埜 明世

 

 
日本は人口減に向かっており、この先、人手不足がより深刻になることは避けられません。また、人口の半分が女性にもかかわらず、当社の女性社員割合は半数に遠く及ばない状況であり、ここに取り組むべき課題があると考えています。かつて私が勤務していた北米では、グループ会社の役員に女性が当たり前にいて、当時、大変驚いた記憶があります。比較すると、当社で管理職として活躍する女性は、まだ僅かです。
多くの優秀な人材が活躍する企業には、女性が働き易い環境や施策が整っていますが、当社は、まだ、女性に充分な活躍の場を提供できていません。言い換えると、人材の活用・活躍が進まない企業に留まっているということです。
現状に問題意識を持ち、変わっていけば、ニッスイは多様性を受け入れる企業、女性が活躍できる風土の企業だという認識が広がると思います。すると、さらに優秀な人材が男女を問わず集まることになるでしょう。
企業にとって多様性は重要な経営課題です。ダイバーシティには様々な要素がありますが、ニッスイでは、まず、女性活躍を優先的に進めつつ、『多様な人材が活躍できるグッド・カンパニー』を目指していきます。

教育もまた重要な課題です。入社した社員は、性別に関係なく育てていきます。性別で仕事内容を制限することは、差別に繋がると考えています。配属先や出張先、業務の内容によって、性別の考慮が必要な場合もあると思いますが、これが機会を奪うことになってはいけません。
企業人として、最前線の現場を知り、様々な職種を経験することで、会話の幅も拡がります。学歴や専攻が何であったとしても、入社後にどう育てられたか、揉まれたかで、その後発揮する能力は大きく変わってきます。これに男女の違いは無いはずです。
企業は世の中に認められる商品やサービスを提供し、その利益を得ることで、ヒトを育てる原資が得られます。それによって、多様な人材が活躍できる風土をつくっていく。そして、優秀な人材が集まり、さらに利益を得るという好循環をつくっていきたいと考えています。
株式会社ディ・エフ・エフ, 日本水産株式会社 CSR部CSR課