Society 社会

食育(魚食普及)への取り組み

魚食普及への取り組み

食育(魚食普及)への取り組み

魚食普及への取り組み

魚食への理解を深める工場見学を実施

子供のころから食の生産現場にふれ、魚食に親しんでほしい。そんな思いから、ニッスイグループでは、地域の小学校による工場見学などを行っています。姫路総合工場では、小学生が実際に竹輪を作っている様子を間近に見学し、体験を通して安全・安心の商品づくりを学びました。

【写真】串に巻き付けた練肉(魚のすり身を練ったもの)を触ってみる

串に巻き付けた練肉(魚のすり身を練ったもの)を触る

おさかなマイスターの「イートフィッシュプロジェクト」

ニッスイグループの山津水産(株)では、2013年5月より魚食普及活動「イートフィッシュプロジェクト」を開催しています。その一環として、山津水産の「おさかなマイスター」が、地元新潟県の小学校を中心に訪問しています。対話形式で、子供たちからたくさんの質問が出され、生きた魚に触れる場面では大いに盛り上がりました。

【写真】焼き魚を使って、どこに骨があるのか?学びながら食べます

焼き魚を使って、どこに骨があるのか?学びながら食べる

銀ざけ集会

ニッスイグループの弓ヶ浜水産(株)は鳥取県境港市と協力し、地元食材への関心を高める食育活動の一環として「銀ざけ集会」を2013年から毎年実施しています。2019年は5月に境港市内の全11保育園で開催し、多くの園児が参加しました。子供たちは紙芝居や映像を通じてギンザケの養殖を楽しみながら学び、ギンザケが目の前でさばかれると大歓声が上がりました。給食ではギンザケの塩こうじ焼きを味わい、笑顔を浮かべました。

【写真】弓ヶ浜紙芝居の様子

紙芝居を見る子供たち

株式会社ディ・エフ・エフ, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課

食の大切さを次世代へ語りつぐ活動

食の大切さを次世代へ語りつぐ活動

食品を取り扱う会社の社員として、子供たちに食の大切さを伝える活動を行っています。2018年度は「食べ物の大切さを知ろう。~お魚と健康~」「活きた魚や解剖を通じて、大阪の食文化や地元の魚介類について学ぶ」「おさかな学習会&解剖したブリを材料に使った鍋料理」等をテーマにしました。栄養バランスのよい食事の大切さや、魚に含まれるEPAやDHAの効果を学び、子供たちは興味深く耳を傾けていました。

【写真】食の大切さを次世代へ語りつぐ活動
株式会社ディ・エフ・エフ, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課