Social 社会

飢餓ゼロへの取り組み

Table For Twoとの取り組み

八王子総合工場での取り組み

八王子総合工場では2018年3月から、社員食堂でTable For Two(TFT)の活動を実施しています。Table For Twoとは二人の食卓という意味で、対象となる定食や食品を購入すると、1食につき20円の寄付金がNPO法人を通じて途上国の子供の学校給食にあてられる仕組みです。 八王子総合工場ではこのTFTメニューを週1回提供しており、健康によいEPA・DHAが豊富に摂れる魚料理をメニューに指定しています。
2020年は、10月16日の世界食料デーに合わせて、食べ残しや飢餓についてのスライドの上映を行いました。当日提供されたTFTメニューでは、ウガンダで給食として食されている「ポショ」を小鉢で提供し、支援先の子どもたちが食事をしている様子に思いを馳せました。マッシュポテトの上に、トマトソースで煮込んだ豆をトッピングした内容にアレンジしたもので、社員からもとても好評でした。
また、飲料の購入に伴って寄付を行うことができるTFTの自動販売機も導入しており、工場従業員が気軽に社会貢献できる場となっています。2020年度は、合計110,340円が寄付に充てられました。

【写真】2020TFT企画_世界食料デー

おにぎりアクション2021への協賛

ニッスイは2021年度「おにぎりアクション2021」に賛同し、初協賛しました。おにぎりアクションとは、おにぎりにまつわる写真にハッシュタグ#OnigiriActionを付けてSNSや特設サイトに投稿すると、1枚の写真投稿につき給食5食分に相当する寄付を協賛企業が提供し、TFTを通じてアフリカ・アジアの子どもたちに給食が届けられるという取り組みです。国連が定めた10月16日の世界食料デー(世界中の人が食べ物や食料問題について考える日)を記念して2015年に始められたものです。2021年度は全体で273,876枚の写真が集まり、1,397,795食の給食がアフリカ・アジアの子どもたちに届けられました。
ニッスイは、2021年10月5日から11月5日までの期間、大きな大きな焼きおにぎりのメインキャラクター「やき おにお」を活用し、「やき おにおと一緒に おにぎりアクション プレゼントキャンペーン」を実施しました。特設WEBサイトを通じて「おにぎりアクション2021」について情報発信を行いました。合わせて、ニッスイグループの従業員が参加する企画を行い、その様子をニッスイ公式SNSで発信するなど、社内外を通じておにぎりアクションを盛り上げました。プレゼントキャンペーンおよびグループ内企画により、3,962枚の写真が集まりました。

【写真】おにぎりアクションフォトモザイク

グループ内企画で集まった写真で作成したフォトモザイクアート

system, a, b, c

子ども貧困問題への支援(ファインケミカル総合工場つくば工場)

2019年1月29日、ファインケミカル総合工場つくば工場では、災害時備蓄品の自社缶詰のうち賞味期限が迫っている216缶を、つくば市こども未来室へ寄贈しました。これらの缶詰は、つくば市内の6つのみんなの食堂(つくば市版子ども食堂)に寄付され、つくば市内の経済的に困難を抱える子どもたちの支援に役立てられます。
また、こどもの未来を支援するための新しい仕組みとして2019年につくば市で創設された、「つくばこどもの青い羽根基金」に賛同し、募金箱の設置も行いました。2020年度は給食約100人分にあたる30,000円を寄付しました。今後もつくば市と連携しながら地域の子どもたちのサポートを行い、つくば市の貧困問題の解決を目指します。

【写真】子ども貧困問題への支援(つくば市)
【写真】子ども貧困問題への支援(つくば市)
system, a, b, c, d