Comparative Table with GRI Standards

GRIスタンダード対照表

読者の利便性の観点から、GRIスタンダードの項目に関連し、当社WEBサイト上にデータ・情報があるものを参考として記載しているものであり、GRIスタンダードへの準拠を示すものではありません。

GRIスタンダード対照表

 
開示項目 該当箇所
組織のプロフィール
102-1 組織の名称 会社概要
102-2 活動、ブランド、製品、サービス ニッスイグループの事業
102-3 本社の所在地 会社概要
102-4 事業所の所在地 グループ会社一覧
102-5 所有形態および法人格 会社概要
102-6 参入市場 ニッスイグループの事業
102-7 組織の規模 第104期 有価証券報告書
102-8 従業員およびその他の労働者に関する情報 人事・労務データ
102-9 サプライチェーン ニッスイグループの事業>水産事業
ニッスイグループの事業>食品事業
ニッスイグループの事業>ファインケミカル事業
ニッスイグループの事業>物流事業
CSR調達
安全・安心の考え方と体制
安全・安心を届けるための取り組み
102-10 組織およびそのサプライチェーンに関する重大な変化 第104期 有価証券報告書
102-11 予防原則または予防的アプローチ 品質保証体制
環境マネジメント
環境負荷低減
生物多様性の保全
リスクマネジメント
ニッスイグループ取扱水産物の資源状態調査
CSR調達
戦略
102-14 上級意思決定者の声明 サステナビリティ>トップメッセージ
社長ご挨拶
102-15 重要なインパクト、リスク、機会 第104期 有価証券報告書
マテリアリティ(重要課題)
倫理と誠実性
102-16 価値観、理念、行動基準・規範 創業の理念
CSR行動宣言
102-17 倫理に関する助言および懸念のための制度 内部統制システム基本方針
コーポレート・ガバナンス
コンプライアンス
ガバナンス
102-18 ガバナンス構造 コーポレート・ガバナンス
102-19 権限移譲 コーポレート・ガバナンス
CSR推進体制
102-20 経済、環境、社会項目に関する役員レベルの責任 CSR推進体制
102-21 経済、環境、社会項目に関するステークホルダーとの協議 安全・安心の考え方と体制
CSR推進体制
102-22 最高ガバナンス機関およびその委員会の構成 第104期 有価証券報告書
会社概要・役員
102-23 最高ガバナンス機関の議長 コーポレート・ガバナンス報告書(2019年6月27日版)
102-24 最高ガバナンス機関の指名と選出 コーポレート・ガバナンス報告書(2019年6月27日版)
102-25 利益相反 コーポレート・ガバナンス報告書(2019年6月27日版)
第104期 有価証券報告書
102-27 最高ガバナンス機関の集合的知見 コーポレート・ガバナンス報告書(2019年6月27日版)
102-28 最高ガバナンス機関のパフォーマンスの評価 コーポレート・ガバナンス報告書(2019年6月27日版)
102-29 経済、環境、社会へのインパクトの特定とマネジメント マテリアリティ(重要課題)
ステークホルダーダイアログ
102-33 重大な懸念事項の伝達 コンプライアンス
コーポレート・ガバナンス報告書(2019年6月27日版)
102-35 報酬方針 第104期 有価証券報告書
102-36 報酬の決定プロセス 第104期 有価証券報告書
102-37 報酬に関するステークホルダーの関与 第104期 有価証券報告書
ステークホルダー・エンゲージメント
102-40 ステークホルダー・グループのリスト ニッスイグループのCSR
ステークホルダーコミュニケーション
102-42 ステークホルダーの特定および選定 ステークホルダーコミュニケーション
102-43 ステークホルダー・エンゲージメントへのアプローチ方法 ステークホルダーコミュニケーション
お客様とともに
従業員とともに
ビジネスパートナーとともに
社会貢献活動
報告実務
102-45 連結財務諸表の対象になっている事業体 第104期 有価証券報告書
102-46 報告書の内容および項目の該当範囲の確定 マテリアリティ(重要課題)
102-47 マテリアルな項目のリスト マテリアリティ(重要課題)
2030年の目指す姿
102-50 報告期間 編集方針
102-51 前回発行した報告書の日付 編集方針
102-52 報告サイクル 編集方針
102-53 報告書に関する質問の窓口 編集方針
102-54 GRIスタンダードに準拠した報告であることの主張 本表
102-55 内容索引 本表
マネジメント手法
103-1 マテリアルな項目とその該当範囲の説明 マテリアリティ(重要課題)
ニッスイグループ取扱水産物の資源状態調査
103-2 マネジメント手法とその要素 マテリアリティ(重要課題)
2030年の目指す姿
ニッスイグループ取扱水産物の資源状態調査
経済パフォーマンス
201-1 創出、分配した直接的経済価値 第104期 有価証券報告書
201-3 確定給付型年金制度の負担、その他の退職金制度 第104期 有価証券報告書
エネルギー
302-1 組織内のエネルギー消費量 マテリアルバランス
303-1 水源別の取水量 水の使用量
生物多様性
304-1 保護地域および保護地域ではないが生物多様性価値の高い地域、 もしくはそれらの隣接地域に所有、賃借、管理している事業サイト 「森・川・海」の保全>おさかなをはぐくむ湧水と海を守る森
304-3 生息地の保護・復元 「森・川・海」の保全
生物多様性の保全
大気への排出
305-1 直接的な温室効果ガス(GHG)排出量(スコープ1) 環境データ
305-2 間接的な温室効果ガス(GHG)排出量(スコープ2) 環境データ
雇用
401-1 従業員の新規雇用と離職 人事・労務データ
401-3 育児休暇 人事・労務データ
労働安全衛生
403-1 労働安全衛生マネジメントシステム 人材育成・労働安全
403-5 労働安全衛生に関する労働者研修 人材育成・労働安全
研修と教育
404-2 従業員スキル向上プログラムおよび移行支援プログラム 人材育成・労働安全
ダイバーシティと機会均等
405-1 ガバナンス機関および従業員のダイバーシティ コーポレートガバナンス報告書(2019年6月27日版)
第104期 有価証券報告書
コーポレート・ガバナンス
サプライヤーの社会面のアセスメント
414-2 サプライチェーンにおけるマイナスの社会的インパクトと実施した措置 CSR調達
マーケティングとラベリング
417-1 製品およびサービスの情報とラベリングに関する要求事項 環境に配慮した商品設計
水産に関する研究>塩味増強技術(おいしさしっかり、塩分ひかえめ)
株式会社ディ・エフ・エフ, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課