Environment 環境

方針と推進体制

リード文

プラスチックは軽くて丈夫な素材であり、わたしたちの生活を便利にしてくれますが、廃棄の問題や海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの社会課題に関わっています。 海のプラスチックごみや大きさが5㎜以下のマイクロプラスチックは、海洋環境だけでなく、生態系に影響を及ぼす問題として大きな注目を集めており、国際社会および国内においてもその対策が急がれています。プラスチックは世界中のあらゆる海に存在し、現在でも年間800万トンが新たに海へ流出していると言われます。そして、それらの8割がペットボトルなどわたしたちの暮らしにかかわる陸由来のものであることが分かっています。

ニッスイグループはプラスチック問題への取り組みとして、漁業・養殖業で使用するプラスチック製漁具の管理徹底を進めます。生産工場で使用するプラスチック類や、製品のプラスチック製容器包装に関しては、3R+R(Reduceリデュース、Reuseリユース、Recycleリサイクル、+Renewableリニューアブル)推進と代替素材の検討を行っていきます。また、企業としてだけではなく、従業員のひとりひとりがこの問題に取り組むこととし、その活動のひとつである事業所周辺および海や川など公共エリアのクリーンアップについては、目的を、

 
  • 地域社会へ貢献すること
  • プラスチックを含むポイ捨てごみや漂着ごみを拾い、それらが海域へ流出するのを防ぐこと

と位置づけ、意識を共有しながら進めていきます。

 

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課

ニッスイグループ プラスチック問題に対する基本方針の策定

海洋プラスチック問題やプラスチックの使用に関する基本的な考え方を整理し、方針としてまとめました。

ニッスイグループ プラスチック問題に対する基本方針

私たちは、海洋プラスチックをはじめとする地球環境問題に取り組みステークホルダーの皆様と共に豊かな海を守ります

1)海洋への流出

漁業・養殖業で使用するプラスチック製漁具については、材質の見直しや管理の徹底によりマイクロプラスチックやゴーストギア(注)となることを防ぎます

2)事業活動での排出

生産工場では、廃プラスチックの排出量の削減とリサイクルの拡大に取り組みます

3)消費段階での排出

食品の容器包装では、品質保持機能などプラスチックの有用性を活かすとともに環境負荷の低減に取り組みます

  • 継続的な商品設計の見直しにより、プラスチック使用量を削減します
  • 植物由来(バイオマスプラ)、易リサイクル、再生素材などを使用(代替え)します
4)社員ひとりひとりの取り組み

社員が参画する清掃活動を通じて、街・川・海でのプラスチックごみを低減し、海洋環境の保全に取り組みます

 

(注)ゴーストギア:紛失したり、遺棄されたりし、海洋中に存在する漁具

制定日:2020年2月21日

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課

海洋環境・プラスチック部会

プラスチック等による地球規模での深刻な海洋汚染の進行、海洋生態系やヒトへの影響が懸念されます。廃プラスチックの有効利用率が低迷し、資源循環が機能しないなどの社会的な課題を背景として、事業として取り組むべきことを検討するため、2019年2月に海洋環境・プラスチック部会を立ち上げました。部会長には執行役員、メンバーは関係各署の部長、課長が選任され、2つのワーキンググループ(海洋環境WG、プラスチックWG)でそれぞれ活動を推進しています。

海洋環境ワーキンググループ

海洋環境におけるプラスチックのゼロ・エミッションを推進しています。

  • 漁業、養殖事業での使用プラスチックの管理実態把握と改善、コミットメント
  • マイクロプラスチックの流出実態調査と抑制活動の推進
  • 陸域での清掃および海洋漂着物等の回収活動の推進

プラスチックワーキンググループ

プラスチック資源の3R+R(リデュース・リユース・リサイクル+リニューアブル)を推進しています。

  • 工場、家庭(使い捨て容器包装)、物流の各段階でのプラスチックの削減とリサイクル推進
  • 外部団体(CLOMA)への参画、協働、情報収集

推進体制

【図版】海洋環境プラスチック部会推進体制

ニッスイにおけるプラスチック製容器包装の削減実績は
こちら

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課