Governance ガバナンス

リスクマネジメント

ニッスイグループは、水産物をはじめとする資源から様々な食品や医薬品原料などを製造し、世界の人々に対して供給することを使命とし、その責務を果たすべく、安定した生産・販売の継続に努めています。その事業活動をより確固たるものにするため、「リスクマネジメント方針」を制定し、方針の目指す姿の実現を目的としてリスクマネジメント委員会がリスクマネジメントシステムの構築と運用を行っています。また影響の大きいリスク群は、リスクマネジメント委員会において重要リスクとして特定し、専門部会を設置して対応しています。

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課

リスクマネジメント方針

当社及び当社グループは、事業活動の妨げとなるリスクの未然防止に努め、緊急時には人命尊重を第一に損失の発生を最小限に抑え、被災者支援など社会への配慮を行うとともに経営資源の保全と事業の継続に最善を尽くすことで、企業価値を維持・向上していくことをリスクマネジメントの基本方針とする。

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課

推進体制‐リスクマネジメント委員会

リスクマネジメント委員会は、委員長を社長とし、また全ての執行役員をメンバーとして年4回開催しています。リスクマネジメント規程に基づき当社グループのリスクマネジメントシステムの構築とその維持・向上に努め、執行役員(リスクマネジメント担当)は取締役会に定期的に活動報告をしています。

【図版】推進体制‐リスクマネジメント委員会

各重点リスク部会の取り組みは以下よりご覧ください。
倫理部会については「コンプライアンス」、労務安全衛生部会は「労働安全」をご覧ください。

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課

2030年の目指す姿

  • 国内ニッスイグループのオペレーショナルリスク・ハザードリスクについて、総合的なリスクマネジメントが効果的にPDCAサイクルに沿って取り組まれている。
  • 海外グループ会社については、リスクマネジメントに関する統一されたポリシーが共有されPDCAサイクルに沿った取り組みが行われている。
system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課

取り組み実績

2020年度

  • 重点リスクとして「情報セキュリティ」 「コンプライアンス」 「労務安全衛生」 「災害BCP」を設定して活動を行った(品質保証リスクは品質保証委員会、環境リスクはCSR委員会にて取り組んだ)。
  • 国内グループ会社は上期・下期毎にリスクマネジメントの進捗管理を実施。
  • ニッスイ個別各部署共通のテーマとして①「働き方改革法」(労働時間管理・休暇取得目標の設定)、②部署のハラスメント防止、を設定し取り組んだ。
  • ニッスイ個別のリスクマネジメント教育として、①各部署へのリスクマネジメント説明会、および②全社員を対象としたNissui Principles(注)の読み合せと理解度調査を実施した。

(注):企業理念や経営方針、CSR行動宣言、健康経営宣言、倫理憲章、品質保証憲章、環境憲章、ニッスイグループ調達基本方針、情報セキュリティ基本方針、通報の窓口利用方法が記載されています。

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課