Social 社会

健康経営

健康経営の取り組みとして、2017年2月23日、健康の維持・増進を経営上の課題として「健康経営宣言」を定めました。この宣言のもと、従業員とその家族がより健康でイキイキとした生活が送れるよう、様々な取り組みを行っています。

健康経営宣言

私たちニッスイグループは、従業員が最も重要な財産であると考え、「一人ひとりが、能力を充分に発揮できる姿」と「従業員とその家族のQOL(生活の質)の向上」を目指して、働く環境を整え、「こころと身体の健康」を積極的にサポートします。
海の恵みを扱う企業として、健康的な食の提案とともに水産物由来の機能性成分を最大限に活用し、従業員と家族、さらに広くお客様にお届けすることで人々の健康に貢献します。

健康で能力を発揮できる環境を整備し、生産性向上につなげる3つのアプローチ

<私生活との両立支援>
主な施策:子育て・介護サポート、福利厚生制度・カフェテリアプラン「Nカフェ」導入 など

<個人の健康促進>
主な施策:生活習慣改善キャンペーン、EPA/AA比向上、禁煙・分煙推進、こころの健康診断 など

<働きやすくやりがいのある職場づくり>
主な施策:長時間労働削減、休暇取得推進、テレワーク制度導入 など

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課

健康経営推進体制

ダイバーシティ・人材育成部会に「健康経営ワーキンググループ」を設置し、「人事部労務健康企画課(事務局)」「健康管理センター(産業医・保健師)」「健康保険組合」や各部署が協働し、各事業所の産業保健スタッフとも連携しながら、従業員の健康や私生活との両立支援、働きやすくやりがいのある職場風土を目指して取り組んでいます。

【図版】健康経営推進体制

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課

社外からの評価

ニッスイは2020年、「健康経営銘柄2020」に選定されました。2019年に水産・農林業で初めて「健康経営銘柄2019」に選定されて以来、2年連続での選定です。
健康経営銘柄とは、東京証券取引所の上場企業の中から、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取組む企業を、原則として1業種から1社を選定するものです。2019年度は、事業の柱である魚やEPAに着目した従業員の健康づくりに取組んでいること、また休暇取得や労働時間の適正化を推進していることが評価されました。多様な人材が健康で能力を発揮できる職場環境を整備し、生産性向上につなげていくために、個人の健康促進や仕事と私生活の両立支援、働きやすくやりがいのある職場づくりのための施策を実施しました。

本件のニュースリリース

【写真】画像キャプションが入ります。
【写真】健康経営銘柄 表彰盾

健康経営銘柄 表彰盾

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課

EPA/AA比の測定と健康番付

生活習慣病の予防のため、ニッスイの主要事業であるファインケミカル事業の中核をなすEPA(エイコサペンタエン酸)を活用しています。2016年度の定期健康診断より、全社員の検査項目として循環器系疾患の発症との関連が示唆される指標であるEPA/AA比を取り入れ、全社平均0.4を目標値としています。2019年度のEPA/AA比は、全社平均で0.35となりました。

【写真】ローバル水産研修_2019

2018年度より、社員ひとりひとりの自主的な食生活改善への取組みを促進するため、EPA/AA比が1.0以上を達成した社員に健康奨励金の支給を行っています。測定結果は個人にフィードバックするほか、部署ごとに集計して番付表を発表しています。また、上位に番付された部署にはオリジナルの健康番付バッジを授与し、全社で表彰しています。

健康番付

健康番付
※上記の画像をクリックすると拡大して表示されます

【写真】画像キャプションが入ります。

オリジナル健康番付バッジ

【写真】画像キャプションが入ります。

社員食堂でのEPA摂取推進

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課

福利厚生制度・カフェテリアプラン導入

2018年2月より、「健康経営」の一環として、新しい福利厚生制度・カフェテリアプラン「Nカフェ」を導入しています。従業員の心と体の健康を積極的にサポートし、健康増進および疾病予防の取り組みを強化するとともに、育児・介護の両立を支援します。従業員は、付与された一定のポイントを使い、一人ひとりそれぞれに合った福利厚生メニューを選択して利用できます。メニューは育児、介護、健康に重点を置き、自己啓発、財産形成、ライフサポートなど幅広く設定しています。

【イラスト】Nanda

Nカフェキャラクター「Nanda」

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課

健康プラス(+)ストレージキャンペーン

2018年度より社員の生活習慣改善施策の取り組みとして、「健康プラス(+)ストレージ キャンペーン」を実施しています。
このキャンペーンでは、各自が日々の生活習慣を見直す新たなプラス行動に対し、一定基準の到達者に福利厚生制度で使用できる賞金ポイントを付与しています。2019年度は定期健康診断前の5月~7月に実施し、全250人(前年+23人)、のべ606人が応募し、達成者は191人でした。

施策概要

対象コース:

① 全員
コース 達成基準(3か月)
ウォーキング&運動コース 8,000歩達成、あるいは30分以上運動した日が60日以上
海の恵みコース 魚メインの食事を1日1回、EPA+DHA900㎎摂取した日が60日以上
歯の健康コース 1日3回以上歯みがきした日が60日以上かつ期間中に歯科検診あるいは歯科医院へ通院
② 所定要件該当者
対象 達成基準(3か月)
喫煙者 全期間で禁煙
毎日飲酒者 全期間で休肝日週2回継続
BMI≧25 週3回の体重記録及び期間前後で体重2キロ減
system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課

スポーツトレーナーによる健康セミナー開催

本社従業員を対象に「スポーツトレーナーによる健康セミナー」を2019年5月29日に開催し、63名が参加しました。本セミナーでは、日頃の生活習慣を見直し、健康意識を高めることを目的として、RIZAP株式会社のスポーツトレーナーを講師として招き、講義とトレーニング体験を行いました。講義では、肥満がもたらす生活習慣病のリスク、適切な食事や運動の習慣化の秘訣について語られ、参加者は不規則な生活習慣が肥満を招くことや運動がいかに大切かを学びました。トレーニング体験では、脂肪燃焼効果の高いRIZAP式のトレーニングやデスクワークの合間にできるストレッチなどを行い、「明日から実践する」をゴールに汗を流しました。

【写真】RIZAP健康セミナー

講師からの講義

【写真】RIZAP健康セミナー体験トレーニング

トレーニング体験

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課

ヘルシー弁当

2019年12月よりニッスイ本社にて「ヘルシー弁当」の試験導入を行いました。これは当社の健康課題のひとつである「全国平均より高い肥満率」への対策のため、食生活や塩分摂取量の改善を目的として実施しました。
「ヘルシー弁当」とは、栄養バランス・量・塩分が考慮された食事として「スマートミール認証」を受けたお弁当のことで、特に食堂の無い本社においては、理想的な栄養バランスの健康的な食事の摂取に役立っています。また、食生活改善による健康増進を特に促したい従業員を対象にランチセミナーを実施し、栄養バランスや食事方法について指導を行いました。実施後アンケートでも、「意識が高まった」「美味しいので続けられそう」といった声が寄せられました。

【写真】ヘルシーランチ

ヘルシーランチ

【写真】ランチセミナーの様子

ランチセミナーの様子

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課

禁煙推進への取り組み

喫煙や受動喫煙による健康被害を防止するため、喫煙者の禁煙や事業所の分煙を推進する取り組みを行っています。
喫煙者の禁煙推進については、2019年1月には社長が禁煙宣言し、30名近い従業員がそれに続いて禁煙に挑戦しました。2019年度は新たな取り組みとして、健康診断会場に特設ブースを設置し、保健師による喫煙者への個別指導やスモーカライザーによる一酸化炭素濃度の測定、ニコチンガムのサンプル配布などを行い、禁煙啓蒙活動を強化しました。禁煙外来で禁煙に成功した従業員には治療費の半額を補助し、禁煙をサポートしています。
分煙の推進については、2018年には本社・支社喫煙所を閉鎖し、業務用自動車を全車禁煙としました。他の事業所も閉鎖・縮小を進めています。

【グラフ】喫煙率
system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課

こころの健康サポート

心の面でも豊かに仕事ができるようメンタルヘルスの向上に取り組んでいます。年1回、従業員を対象に「ココロの健康診断」を実施し、その結果を受けて、個人・部署単位で人事部による必要なサポートをしています。また、ハラスメントに関しては、発生を未然に防ぐため、ハラスメント勉強会(集合研修 ・Eラーニング等)を行っている他、相談先としてハラスメントデスクを設置し、問題に対応できる体制を整えています。

【写真】保健師面談

保健師との面談

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課

従業員の心身の健康や交流のための活動「皇居ラン&ウオーキング」

ニッスイ本社では、月に一度、「皇居ラン」として皇居周辺のランニング活動を2018年より開始しました。西新橋にあるニッスイ本社から皇居までは、徒歩で10分ほどの距離です。そこで終業後に社内外の有志が集まり、皇居周辺のコースでランニングやウオーキングを行います。「皇居ラン&ウオーキング」初心者からベテランまで様々ですが、それぞれのペースで気軽に参加出来ます。また、おそろいの「SPORTS EPA(注)」のロゴが印字されたTシャツを身に着け、声をかけ合いながら走ることで、一体感を感じることができます。

【写真】画像キャプションが入ります。

【活動の目的】
1.SPORTS EPA啓発
2.運動習慣づくり(会社として行う健康経営に対しての意識向上)
3.部署を超えた従業員同士のコミュニケーション

2019年10月16日には、参加者50名を目標とした「50名の皆様で皇居を走ろう!計画」を立て、結果として参加者59名(社外関係者の参加も含む)、目標比118%となりました。

(注)SPORTS EPA:ニッスイは、持久力向上など、EPAのスポーツへの効果に注目し研究と普及・啓発を進めています。

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課

グループ会社における健康への取り組み

肥満解消を目指して(ニッスイタイランド社)

タイでは近年、食の欧米化や所得水準の向上により、過体重・肥満人口が増加傾向にあります。それに伴い、糖尿病等の生活習慣が増加していることから、健康への意識が高まっています。
ニッスイの海外グループ会社のニッスイタイランド社は、タイで水産加工品を中心とした製造業を営んでいます。同社では、従業員が皆健康的な状態で活動できるよう、「Good Health Without belly」プロジェクトを行いました。対象者は肥満傾向にある従業員とし、2019年4月にスタート、6月までに減量することを目標に行われました。プロジェクトの期間中は、栄養士と看護師を招いて、適切な減量方法や効果的なトレーニング、食べ物の栄養について指導を受けました。このプロジェクトにより参加者は、無理のない正しい知識を得ながら健康な身体を目指し努力することができました。

ウェルビーイングへの取り組み(シーロード社)

「ウェルビーイング(Well-being)」とは、会社や従業員が精神的にも身体的にも良好で健康な状態であることを表す概念で、生産性の向上や、従業員の心理的安全の確保のために近年注目を浴びています。
ニッスイの海外グループ会社であり、ニュージーランドで漁業および水産品の販売を営むシーロード社は、2020年2月より、従業員のウェルビーイングにむけた取り組みを開始しました。
2017年に実施した全社を対象とするスタッフエンゲージメント調査において、ウェルビーイングに対する従業員の関心が非常に高かったことが、取り組み開始のきっかけとなりました。その後、業務や等級の異なる様々な従業員による協議に加え、外部の専門機関による調査および監査を経て、シーロード社のウェルビーイングモデル図が完成しました。このモデル図では、以下の5点に焦点を当てています。

Looking Out For Each Other(互いを尊重したコミュニケーションをとる)
Our Place(精神的・身体的に安心できる場所にする)
Feeling Good(体調を整え良い精神状態を保つ)
In Balance(ワークライフバランスをとる)
Our Community(会社の一員であることを誇る)

図の上部では、会社にとって従業員がいかに重要かを示しており、下部では、シーロード社の現在の取り組みもしくは今後の施策を記載しています。これらの結果、新たな施策として、従業員へのメンタルトレーニング、船員の海上の負担に特化した補助、工場従業員への栄養ワークショップ等が行われることとなりました。希望者にはウェルビーイングのスマートフォンアプリの提供も予定しています。

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課