Society 社会

健康経営

健康経営の取り組みとして、2017年2月23日、健康の維持・増進を経営上の課題として「健康経営宣言」を定めました。
この宣言のもと、従業員とその家族がより健康でイキイキとした生活が送れるよう、様々な取り組みを行っています。

健康経営宣言

私たちニッスイグループは、従業員が最も重要な財産であると考え、「一人ひとりが、能力を充分に発揮できる姿」と「従業員とその家族のQOL(生活の質)の向上」を目指して、働く環境を整え、「こころと身体の健康」を積極的にサポートします。
海の恵みを扱う企業として、健康的な食の提案とともに水産物由来の機能性成分を最大限に活用し、従業員と家族、さらに広くお客様にお届けすることで人々の健康に貢献します。

株式会社ディ・エフ・エフ, 日本水産株式会社 CSR部CSR課

健康経営推進体制

ダイバーシティ・人材育成部会に「健康経営ワーキンググループ」を設置し、「人事部労務健康企画課(事務局)」「健康管理センター(産業医・保健師)」「健康保険組合」や各部署が協働し、各事業所の産業保険スタッフとも連携しながら、従業員の健康や私生活との両立支援、働きやすくやりがいのある職場風土を目指して取り組んでいます。

【図版】健康経営推進体制
株式会社ディ・エフ・エフ, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課

「健康経営銘柄2019」に選定

2019年2月21日、ニッスイは経済産業省と東京証券取引所の共同による「健康経営銘柄2019」に選定されました。水産・農林業では初めてとなります。
健康経営銘柄とは、東京証券取引所の上場企業の中から、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取組む企業を、原則として1業種から1社を選定するものです。
ニッスイが、魚を中心とした食生活から健康づくりを拡大し、個人から部署へ、そして全社へ広がる健康経営のもと、働きやすい環境を創造したことが評価されました。
多様な人材が健康で能力を発揮できる職場環境を整備し、生産性向上につなげていくために、個人の健康を促進し、仕事と私生活の両立を支援するなど、働きやすくやりがいのある職場づくりのための施策を実施しました

【写真】健康経営銘柄2019 【ロゴ】健康経営銘柄2019

 

株式会社ディ・エフ・エフ, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者

水産業界初のDBJ健康経営格付最高ランクを獲得

2018年3月29日、ニッスイは水産業界初の日本政策投資銀行(DBJ)の「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」で最高ランクを獲得し、これに基づく融資を受けました。
「DBJ健康経営格付」は、従業員への健康配慮の取り組みが優れた企業を評価・選定して融資条件を設定する、世界初の融資メニューです。ニッスイは、「健康経営宣言」の公表や全従業員を対象とするストレスチェックの実施とその結果の分析などが評価されました。

【画像】DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付 【ロゴ】DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付

 

株式会社ディ・エフ・エフ, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者

「ホワイト500」に選定

2018年2月20日、ニッスイは「健康経営優良法人2018」(大規模法人部門)、いわゆる「ホワイト500」に認定されました。この制度は、経済産業省と日本健康会議が特に優良な健康経営を実践している企業を顕彰することで、健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」し、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから社会的な評価を受けやすくすることを目標としています。

【ロゴ】健康経営優良法人2018

 

株式会社ディ・エフ・エフ, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者

EPA/AA比の測定と健康番付

生活習慣病の予防のため、2016年度より、ニッスイの主要事業であるファインケミカル事業の中核をなすEPA(エイコサペンタエン酸)の活用を開始しています。
2016年度の定期健康診断より、全社員の検査項目として循環器系疾患の発症との関連が示唆される指標であるEPA/AA比を取り入れ、全社平均0.4を目標値としました。
その結果、全体のEPA/AA比は、2016年度では0.29、2017年度では0.35、2018年度は0.38となりました。

2018年度は、社員ひとりひとりの自主的な食生活改善への取組みを促進するため、EPA/AA比が1.0以上を達成した社員に健康奨励金の支給を行いました。
測定結果は個人にフィードバックするほか、部署ごとに集計して、以下のような番付を作成しています。

【写真】EPA番付

健康番付
※上記の画像をクリックすると拡大して表示されます

 
株式会社ディ・エフ・エフ, 日本水産株式会社 CSR部CSR課

福利厚生制度・カフェテリアプラン導入

「健康経営」の一環として2018年2月より、新しい福利厚生制度・カフェテリアプラン「Nカフェ」を導入しました。
従業員の心と体の健康を積極的にサポートし、健康増進および疾病予防の取り組みを強化するとともに、育児・介護の両立を支援します。
従業員に一定のポイントを付与し、一人ひとりがそれぞれに合った福利厚生メニューを選択して利用できます。メニューは育児、介護、健康に重点を置き、自己啓発、財産形成、ライフサポートなど幅広く設定しています。
 
株式会社ディ・エフ・エフ, 日本水産株式会社 CSR部CSR課

健康プラス(+)ストレージキャンペーン

社員の生活習慣改善施策の取り組みとして、「健康プラス(+)ストレージ キャンペーン」を実施しました。
各自が日々の生活習慣を見直す新たなプラス行動に対し、一定基準の到達者に福利厚生制度で使用できる賞金ポイントを付与します。
期間は2018年6月~8月、全227人が応募し、達成者は153人でした。

施策概要

<生活習慣改善施策>
『健康プラス(+)ストレージ キャンペーン』
・・・日々の生活習慣を見直す新たなプラス行動に対し、一定基準の到達時(自己申告)に福利厚生制度で使用できる賞金ポイントを付与。
期間:2018年6~8月
対象:職員および契約職員のうち企画応募者

対象コース:

① 全員
コース 達成基準(3か月中)
ウォーキングコース 10,000歩達成日が60日以上
海の恵みコース 魚メインの食事を1日1回摂取した日が60日以上
歯の健康コース 1日3回以上歯みがきした日が60日以上
かつ期間中に歯科検診あるいは歯科医院へ通院したこと
② 所定要件該当者
対象 達成基準(3か月中)
喫煙者 全期間禁煙達成
飲酒者(毎日) 全期間休肝日週2回継続達成
肥満者 毎日体重記録及び期間前後で体重2キロ減達成
株式会社ディ・エフ・エフ, 日本水産株式会社 CSR部CSR課

こころの健康サポート

心の面でも豊かに仕事ができるようメンタルヘルスの向上に取り組んでいます。年1回、従業員を対象に「アドバンテッジEAPのココロの健康診断」を実施し、その結果を受けて必要なサポートをしています。また、ハラスメントに関しては、発生を未然に防ぐため、ハラスメント勉強会(Eラーニング)を行っている他、相談先としてハラスメントデスクを設置し、問題に対応できる体制を整えています。
 
株式会社ディ・エフ・エフ, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者