Environment 環境

環境マネジメント

CSR行動宣言の下に環境マネジメントシステムを構築し、持続可能な社会の実現に取り組みます。


ニッスイグループは、構築した環境マネジメントシステムを通じて、特定したマテリアリティのうち、特に海洋環境の持続性の実現に向け、社会課題の解決に取り組みます。

環境憲章

環境理念

自然の恵みを受けて仕事をする当社においては、資源を大切にし、地球や海に感謝の心を持って接することを企業姿勢の基本としています。

私たちは、地球環境と調和・共生できるような、グローバルな事業活動を展開し、持続可能な社会の構築に、継続的に取組みます。

行動方針

  1. 1.自然環境及び生物多様性の保全と、資源の持続的利用に配慮した活動を推進します。
  2. 2.省エネ、省資源、廃棄物の削減、容器包装の減量化、グリーン購入等による環境負荷低減活動を通じ、循環型社会形成に向け、継続的に努力します。
  3. 3.環境マネジメントの仕組みを構築し、その効果的な運用を目指します。また、環境監査を実施し、環境関連の法規制等の遵守を徹底します。
  4. 4.環境教育を通じて、社員一人一人の環境意識の向上を図ります。
  5. 5.社会に対して、環境コミュニケーション活動を行うとともに、地域社会との環境に配慮した共生を重視して行きます。
  6. 6.この環境憲章は、グループ各社においても共有化するように努めます。

制定日 2003年6月1日
改定日 2014年2月20日

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課

推進体制‐環境部会

環境部会は5回/年開催し、そこでの討議内容はCSR委員会に報告されます。また、各事業分野の事業所およびグループ会社ごとに環境マネジメントシステムを構築し取り組んでいます。

【図版】環境マネジメントの体制

環境部会

CSR委員会が指名する執行役員が部会長となり、5回/年開催。下記事項を協議し、進捗をCSR委員会に報告しています。

  • 環境憲章を有効に機能させるための諸施策策定
  • 新たに生じた対処すべき環境問題への対応措置
  • 環境目標に対する各部署の進捗管理
  • CSR委員会に諮る重要事項

CSR部

環境部会の事務局機能。また、定期的に環境担当者会議を主催しています。

環境教育

約80事業所の環境担当者を集め、年1回、環境担当者会議を開催しています。

  • 各事業分野の活動状況の進捗確認、情報交換
  • 好事例の横展開
  • 法律順守状況の確認
  • 世間の動向、トピックスの共有
system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課

環境監査

環境マネジメントシステムISO14001の認証取得

ニッスイグループは食品や水産品の生産工場をはじめ、ファインケミカル工場、物流関連センター、研究開発施設、造船会社など、多岐に渡る分野の事業所を抱えています。事業の形態はさまざまですが、CO2の排出や水の使用、廃棄物といった環境負荷の低減や、事業所周辺の自然環境保全など、環境活動の重要性は同じです。それぞれの事業所においてISO14001の認証取得を進め、環境管理委員会を主体とした継続的なチェック体制の構築と、計画的な運用を行っています。

ISO14001認証取得状況

  取得事業所数
国内事業所 53/72事業所
海外事業所 2/9事業所

2021年3月現在
集計範囲:国内については日本水産(株)および国内グループ会社(持ち分会社除く)、海外については海外グループ会社主要9社。オフィス系事務所を除く。

監査部監査

ニッスイ直営工場を対象とした監査部の業務監査に、環境に関するチェック項目を設けています。環境負荷低減の目標と進捗状況を確認しています。

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課

国内事業所の環境マネジメント

八王子サイト 環境協議会

八王子総合工場では、同じ敷地内(八王子サイト)に位置するグループ会社((株)チルディー、(株)キャリーネット)および東京食品受注課の幹部職員と環境担当者を招集し、四半期ごとに環境協議会を開催しています。各自、実際に行った環境負荷低減の取り組みと、環境目標に対する進捗状況を報告し合い、有効事例については積極的に横展開を進めています。また、環境法令の改正や新規の施行があった場合にはこの場で周知し、サイト全体での環境管理を推進しています。

姫路総合工場 エコ推進委員会

姫路総合工場には、業務課、冷凍食品工場、加工食品工場、姫路食品受注課の代表から成るエコ推進委員会があります。毎月1回開催し、従業員の環境意識の強化を図るとともに、施設内での階段利用の促進やペットボトルキャップの回収など身近な環境活動を進めています。

【写真】姫路総合工場エコ推進委員

姫路総合工場エコ推進委員

活動一覧

取り組み内容 期間 参加従業員数
エコ参加ポイント活動 2020年度年間 のべ299名(注)
エコ・安全川柳 2020年5月~7月 ・エコ川柳:126名
・安全川柳:124名
体験型活動(扇子教室/ポチ袋教室) 2020年5月/2020年12月 ・扇子教室:79名
・ポチ袋教室:62名
エコアートコンクール 2020年8月~10月 ・アート部門:21名
・ポスター部門:20名
・写真部門:43名
エコササイズ(エレベーターの代わりに階段を使用する) 2021年1月5日~3月31日 204名(注)

(注):従業員以外の参加者も含む。

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課

海外グループ会社の環境マネジメント(ゴートンズ社)

企業のエネルギー管理では、エネルギー使用の継続的な改善が求められます。
ニッスイの海外グループ会社であるゴートンズ社(米国)は、2019年、新しいCEI(継続的エネルギー改善)の取り組みを開始しました。これはエネルギー管理において、計画と運用、取り組みと報告のプロセスを繰り返すとともに、それらと「会社・従業員全体の貢献」を結びつけることで、もう一段階上の効果を生み出そうというものです。また、ゴートンズ社は、この継続的なエネルギー改善の取り組みのひとつとして、ナショナル・グリッド社(注1)によるCEI検討グループへも加入しました(米国北東部に拠点を置く他の7企業と合同)。これは企業のエネルギー管理改善を、さらなる省エネルギーやコスト削減など様々な側面からレベルアップさせることを目的とした三年間のプログラムとなります。
2020年、ゴートンズ社はナショナル・グリッド社のCEIプログラムにおける1年目を完了させました。

2019年の実績

  • 社内にエネルギー管理チームを編成し、エネルギー管理方針を策定
  • エネルギー使用削減のための26の機会を特定し、それらの優先順位付けを実施
  • エネルギー管理ツールを使用し、生産工場におけるエネルギー使用と、その日の天候や工場の生産量などのデータを記録(これらはエネルギーの使用に関して問題が発生した場合の分析材料となる)
  • 新たなエネルギー管理ツール開発に向けた取り組み

2020年の実績

  • ゴートンズ社グロスター事業所の稼働とリアルタイムのエネルギー追跡ソフトウェアとの統合
  • 電力で7.5%、天然ガスで13%の使用効率改善(基準年2018年)
  • GHG削減プログラムが評価され、ウォルマート社のプロジェクト・ギガトン(注2)において、最高の達成レベルであるギガグルの一社として承認

(注1):ゴートンズ社のあるマサチューセッツ州に米国拠点を置く送電・ガス供給会社。
(注2):2030年までに世界のバリューチェーンの温室効果ガス排出量を10億メートルトン(ギガトン)削減するというウォルマート社の取り組み。

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課

海外グループ会社の環境マネジメント(シーロード社)

漁業・水産品の加工販売会社であるシーロード社(ニュージーランド)は、2020年、サステナビリティを自社の長期の戦略的優先事項に取り入れました。またこれに先立ち、外部機関Catalystと自社事業におけるカーボンフットプリントを算出し、具体的な削減目標を設定しました。

2020年の実績

  • 自社事業におけるカーボンフットプリントを124,651 t-CO2と算出(2019年実績)
  • 自社のCO2排出量を削減し、また残りの排出量を2050年までにオフセット(注)するため、10の環境プログラムを実施(水、プラスチック、船舶、貨物輸送とエネルギー、陸と海のインフラストラクチャ、および海水温とバイオマスに関する具体的な目標を伴う取り組み手順が含まれる)
  • 気候変動と、なぜCO2排出量を削減しなければならないかに関する、従業員向けの教育プログラムを開発

2021年の目標

  • カーボンオフセットプログラムにより、飛行機のCO2排出量のオフセット
  • 自社がニュージーランドでリースしている営業車のうち75%に関してハイブリッド車へ移行
  • ネルソン事業所の太陽光発電用パネルの見直し
  • 会社の廃棄物転用率の75%への引き上げ

(注)カーボンオフセット:削減困難な部分の温室効果ガス排出量について、クレジットの購入や排出量に見合った削減活動に投資すること等により、排出される温室効果ガスを埋め合わせること。

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課