Environment 環境

環境マネジメント

CSR行動宣言の下に環境マネジメントシステムを構築し、
持続可能な社会の実現に取り組みます。


ニッスイグループは、構築した環境マネジメントシステムを通じて、特定したマテリアリティのうち、
特に海洋環境の持続性の実現に向け、社会課題の解決に取り組みます。

環境憲章

環境理念

自然の恵みを受けて仕事をする当社においては、資源を大切にし、地球や海に感謝の心を持って接することを企業姿勢の基本としています。

私たちは、地球環境と調和・共生できるような、グローバルな事業活動を展開し、持続可能な社会の構築に、継続的に取組みます。

行動方針

  1. 自然環境及び生物多様性の保全と、資源の持続的利用に配慮した活動を推進します。
  2. 省エネ、省資源、廃棄物の削減、容器包装の減量化、グリーン購入等による環境負荷低減活動を通じ、循環型社会形成に向け、継続的に努力します。
  3. 環境マネジメントの仕組みを構築し、その効果的な運用を目指します。また、環境監査を実施し、環境関連の法規制等の遵守を徹底します。
  4. 環境教育を通じて、社員一人一人の環境意識の向上を図ります。
  5. 社会に対して、環境コミュニケーション活動を行うとともに、地域社会との環境に配慮した共生を重視して行きます。
  6. この環境憲章は、グループ各社においても共有化するように努めます。

制定日:2003年6月1日
改定日:2014年2月20日

株式会社ディ・エフ・エフ

環境部会

環境部会は4回/年開催し、そこでの討議内容はCSR委員会に報告されます。また、各事業分野の事業所およびグループ会社ごとに環境マネジメントシステムを構築し取り組んでいます。

 

【図版】環境マネジメントの体制

 

環境部会

CSR委員会が指名する執行役員が部会長となり、4回/年開催。下記事項を協議し、進捗をCSR委員会に報告しています。

  • 環境憲章を有効に機能させるための諸施策策定
  • 新たに生じた対処すべき環境問題への対応措置
  • 環境目標に対する各部署の進捗管理
  • CSR委員会に諮る重要事項

CSR部CSR課

環境部会の事務局機能。また、定期的に環境担当者会議を主催しています。

環境教育

約80事業所の環境担当者を集め、年1回、環境担当者会議を開催しています。

  • 各事業分野の活動状況の進捗確認、情報交換
  • 好事例の横展開
  • 法律順守状況の確認
  • 世間の動向、トピックスの共有
株式会社ディ・エフ・エフ

環境監査

環境マネジメントシステムISO14001の認証取得

ニッスイグループは食品や水産品の生産工場をはじめ、ファインケミカル工場、物流関連センター、研究開発施設、造船会社など、多岐に渡る分野の事業所を抱えています。事業の形態はさまざまですが、CO2の排出や水の使用、廃棄物といった環境負荷の削減や、事業所周辺の自然環境保全など、環境活動の重要性は同じです。それぞれの事業所においてISO14001の認証取得を進め、環境管理委員会を主体とした継続的なチェック体制の構築と、計画的な運用を行っています。

ISO14001認証取得状況

  取得事業所数
国内事業所 41/58事業所
海外事業所 1/9事業所

2018年12月現在
集計範囲: 国内はニッスイおよび連結子会社24社、海外は主要9社。オフィス系事務所を除く

 

監査部監査

ニッスイ社内の工場を対象とした監査部の業務監査に、環境に関するチェック項目を設けています。環境負荷削減の目標と進捗状況を確認しています。

 

工場独自の環境管理

八王子サイト 環境協議会

八王子総合工場では、同じ敷地内(八王子サイト)に位置するグループ会社((株)チルディー、(株)キャリーネット)および東京食品受注課の幹部職員と環境担当者を招集し、四半期ごとに環境協議会を開催しています。各自、実際に行った環境負荷低減の取り組みと、環境目標に対する進捗状況を報告し合い、有効事例については積極的に横展開を進めています。また、環境法令の改正や新規の施行があった場合にはこの場で周知し、サイト全体での環境管理を推進しています。


姫路総合工場 エコ推進委員会

姫路総合工場には、業務課、冷凍食品工場、加工食品工場、姫路食品受注課の代表から成るエコ推進委員会があります。毎月1回開催し、従業員への環境意識の強化を図るとともに、施設内での階段利用の促進やペットボトルキャップの回収など身近な環境活動を進めています。

【写真】姫路総合工場エコ推進委員

姫路総合工場エコ推進委員のみなさん

株式会社ディ・エフ・エフ, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者

ecoレター

ニッスイおよびグループの従業員に向けて、環境に関する読み物「ニッスイecoレター」を作成・発行しています(4回/年)。テーマには「パリ協定」や「海洋プラスチック問題」など、その時々に注目を集める話題を選んでいます。企業の一員として、あるいは個人として、このかけがえのない地球を次世代へ手渡すために何をすべきか考えるきっかけとしています。

【写真】ニッスイecoレター
株式会社ディ・エフ・エフ, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者

「DBJ環境格付」の最高ランクを取得

2019年3月22日、ニッスイは日本政策投資銀行(DBJ)の「DBJ環境格付」において「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」とされる最高ランクの格付を水産業界で初めて獲得し、これに基づく融資を受けました。なお、ニッスイでは、2018年3月29日で同社の「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付(いわゆるDBJ健康格付)」でも水産業界初の最高ランクの格付を獲得しており、今回の獲得はこれに続くものです。
「DBJ環境格付」融資は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により、企業の環境経営度を評点化、優れた企業を選定し、得点に応じて融資条件を設定するという、世界で初めての融資メニューです。
海洋資源持続のための水産資源調査、CSR調達、環境負荷低減活動のほか、フードロス問題に対する取り組みが評価されました。

 【ロゴ】DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付
 【ロゴ】DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付

 

株式会社ディ・エフ・エフ, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課