Environment 環境

環境マネジメント


CSR行動宣言の下に環境マネジメントシステムを構築し、
持続可能な社会の実現に取り組みます。


ニッスイグループは、構築した環境マネジメントシステムを通じて、特定したマテリアリティのうち、
特に海洋環境の持続性の実現に向け、社会課題の解決に取り組みます。

環境憲章

環境理念

自然の恵みを受けて仕事をする当社においては、資源を大切にし、地球や海に感謝の心を持って接することを企業姿勢の基本としています。

私たちは、地球環境と調和・共生できるような、グローバルな事業活動を展開し、持続可能な社会の構築に、継続的に取組みます。

行動方針

  1. 自然環境及び生物多様性の保全と、資源の持続的利用に配慮した活動を推進します。
  2. 省エネ、省資源、廃棄物の削減、容器包装の減量化、グリーン購入等による環境負荷低減活動を通じ、循環型社会形成に向け、継続的に努力します。
  3. 環境マネジメントの仕組みを構築し、その効果的な運用を目指します。また、環境監査を実施し、環境関連の法規制等の遵守を徹底します。
  4. 環境教育を通じて、社員一人一人の環境意識の向上を図ります。
  5. 社会に対して、環境コミュニケーション活動を行うとともに、地域社会との環境に配慮した共生を重視して行きます。
  6. この環境憲章は、グループ各社においても共有化するように努めます。

制定日:2003年6月1日
改定日:2014年2月20日

株式会社ディ・エフ・エフ

環境部会

環境部会は4回/年開催し、そこでの討議内容はCSR委員会に報告されます。また、各事業分野の事業所およびグループ会社ごとに環境マネジメントシステムを構築し取り組んでいます。

 

【図版】環境マネジメントの体制

 

環境部会

CSR委員会が指名する執行役員が部会長となり、4回/年開催。下記事項を協議し、進捗をCSR委員会に報告しています。

  • 環境憲章を有効に機能させるための諸施策策定
  • 新たに生じた対処すべき環境問題への対応措置
  • 環境目標に対する各部署の進捗管理
  • CSR委員会に諮る重要事項

CSR部CSR課

環境部会の事務局機能。また、定期的に環境担当者会議を主催しています。

環境担当者会議

約80事業所の環境担当者が集まり年1回開催しています。

  • 各事業分野の活動状況の進捗確認、情報交換
  • 好事例の横展開
  • 法律順守状況の確認
  • 世間の動向、トピックスの共有
株式会社ディ・エフ・エフ

環境の取り組み計画

ニッスイグループでは国内事業所を対象とし、2016年ー2018年度の三カ年計画で環境への取り組みを進めています。

取り組み方針

「CO2、水、廃棄物の削減、フードロス削減等の活動を行い、
環境負荷削減に向け取り組み、自然環境と生物多様性の保全に努めます」

目標と実績

  目標
(2015年度比)
2017年度 実績
(2016-2018環境3カ年計画における第2次年度)
環境指標 CO2 2%削減(総量) 2%削減(総量)
1%削減(総量) 0.6%削減(総量)
廃棄物 ① 3%削減(総量)
②ゼロエミッション
直営工場99%以上
関係会社工場95%以上
① 25.1%増加(総量)
突発的な汚泥の増加のため。
ただし増加分に 関しては全量リサイクルにまわっている。
②ゼロエミッション
直営工場    5/8事業所が達成
関係会社工場  15/30事業所が達成

これに加え、新たにフードロスの削減に関して、2017年度比2%削減(原単位)を目標とし、取り組みを行っています。

株式会社ディ・エフ・エフ