Environment 環境

海洋プラスチック

漁具の海洋流出防止の取り組み

現在、海洋プラスチックごみの一部は紛失・遺棄された漁具であることが明らかになっています。これらはゴーストギアやALDFG(注1)などと呼ばれます。ニッスイはSeaBOS(注2)を通してGGGI(注3)に加盟するとともに、国内グループ漁業会社・養殖会社で使用する漁具の海洋流出防止に取り組んでいます。

(注1):Abandoned, Lost or otherwise Discarded Fishing Gear
(注2):Seafood Business for Ocean Stewardship
(注3):Global Ghost Gear Initiative、漁具の海洋流出防止に取り組む国際団体。

漁具の管理ルール再構築

ニッスイグループでは、漁具の管理を徹底することにより、漁具の海洋流出を防止するだけでなく、漁具の破損事故(操業ロス、養殖魚の逃亡など生態系への影響)と労働災害の削減につなげていきます。
また、国内グループ漁業・養殖会社において漁具の管理ルールの再構築を進めています。これはGGGI「Best Practice Framework for the Management of Fishing Gear」に沿った項目(Prevention(防止)、Mitigation(緩和))で構成され、漁具や設備状態のチェック、従業員への教育、使用済み漁具の適切な廃棄、万が一漁具の紛失・遺棄があった際の報告フローを含みます。

海洋へのプラスチック流出リスクの低いフロートへの切り替え

ニッスイグループの目標
2024年度末までに養殖用のナイロンカバー発泡スチロール製フロートの使用を止め、より海洋へのプラスチック流出リスクの低いフロートへの切り替えを完了させます。

私たちは海洋プラスチック問題改善の方策のひとつとして、プラスチック製漁具の海洋への流出防止に取り組んでいます。
ニッスイグループは海外ではサケ・マス、国内ではブリ、マグロ、ギンザケ、サバ、マダイなどの養殖事業を行っています。従来、国内の海面養殖ではナイロンカバーで包まれた発泡スチロール製フロートが多く使われてきましたが(注1)、私たちはこのナイロンカバーが他のフロート類と比べて強度の面で劣り、万が一カバーが破れてしまった場合、中の発泡スチロール(ポリスチレン)が砕け、海洋へ流出してしまうリスクがあることを問題視しました。そこで2019年度、グループ全体におけるナイロンカバー発泡スチール製フロートの保有量・使用状況を調査しました(2019年7月時点で、18,828個保有)。そしてニッスイグループとして、2024年度末までに、それらの使用をすべて止め、より海洋への流出リスクの低いフロート(注2)への切り替えを完了させることを決定しました。グループ全体でより海洋流出リスクの低い漁具使用の検討を進め、事業を通して海洋プラスチック問題の改善に取り組んでいきます。

【写真】海面養殖場のフロート

海面養殖場のフロート

【切り替え前】ナイロンカバー発泡スチロールフロート

【切り替え前】ナイロンカバー発泡スチロール製フロート

【画像】矢印
【切り替え後】PEコーティングされた発泡スチロールフロートや中空樹脂フロート
【切り替え後】PEコーティングされた発泡スチロールフロートや中空樹脂フロート

【切り替え後の例】PEコーティングされた発泡スチロール製フロート

(注1):海外グループ会社の海面養殖場においてはナイロンカバー発泡スチロール製フロートを使用していないことが確認できている。
(注2):PEコーティング発泡スチロール製フロートや中空樹脂フロート。

国内ニッスイグループ養殖会社
ナイロンカバー発泡スチロール製フロート
使用・保管総個数(2019年7月)
切替個数
2020年度
18,828個 2,040個
system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課

海外グループ会社の取り組み

会社名 漁法 主な使用漁具 取り組み内容
エムデペス社(チリ) トロール漁業 曳網ワイヤー、オッターボード(開口板)、トロール網、コッドエンド(魚を溜める袋状の漁網) 曳網ワイヤーの自動制御が可能なATW(Automatic Trawl Winch)を導入し、漁具が海底に絡まった場合、自動的に曳網ワイヤーを延ばしてワイヤー及び漁網類の切断を防止。この機能により漁具の被害を最小限にとどめ、海洋への漁具流出を防ぎます。
オーストラリアン・ロングライン社(オーストラリア) 底延縄漁業 幹縄(メインライン)に、釣針の付いた複数の枝縄(ブランチライン)が垂れ下がった漁具 漁具の位置特定技術(Sub-surface Gear Location Technology)を導入し、ラインに取り付けられた装置がシグナルを発信できるようにしました。これによりラインが切れた場合にも、海中での位置特定・回収が可能になります。
【写真】エムデペス社のAutomatic Trawl Winch

エムデペス社のAutomatic Trawl Winch

エムデペス社の漁具

エムデペス社の漁具

オーストラリアン・ロングライン社の船舶

オーストラリアン・ロングライン社の船舶

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課

プラスチックの海洋流出問題に取り組むベンチャー企業(株式会社ピリカ)への協賛

プラスチックなど海洋ごみの発生源は都市を中心とした陸域とされていますが、それらの流出ルートは解明されていません。2018年度より、ニッスイはプラスチックの海洋流出問題の実態解明を目指す「アルバトロス」プロジェクトに取り組む、株式会社ピリカへの協賛を行い、自社の事業に直結する海の環境問題・プラスチック海洋流出問題への具体的なアプローチをスタートさせています。

プラスチックの海洋流出問題の実態解明を目指す「アルバトロス」プロジェクトの内容

●STEP1

調査手法の確立…海洋へのプラスチック流出について有効な調査手法を開発する

●STEP2

流出メカニズムの解明…海洋へのプラスチック流出メカニズム(流出経路と流出品目)を調査し、問題を絞り込む

●STEP3

対策の検討と実施…海洋へのプラスチック流出問題について優先順位の高い順から対策を検討し、実行する

【写真】株式会社ピリカ

株式会社ピリカ

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課