Environment 環境

SeaBOSへの賛同

リード文

SeaBOSへの賛同

SeaBOS(Seafood Business for Ocean Stewardship、持続的な水産ビジネスを目指すイニシアティブ)は、2016年11月にストックホルム大学(スウェーデン)のストックホルム・レジリエンスセンターが主催した会議「キーストーン・ダイアログ」で提唱された海洋環境および海洋資源の保全と持続的な資源利用を進めるイニシアティブです。世界の主要水産関連企業10社(創設時は8社)が協働し、科学的側面からのサポートも受けて活動していることが特徴です。ニッスイは同年12月にSeaBOSに署名・参画し、2017年に開催された「東京サステナブル・シーフード・シンポジウム2017」において、SeaBOSの考え方に賛意を表明するとともに、CSR活動の一環として取り組みを進めていくことを宣言しました。
日本、ノルウェー、タイ、米国、韓国など世界各国の水産業界のリーダー企業や科学者とともに、持続的な水産事業のための課題解決に取り組んでいます。

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課

第5回SeaBOS会議への参加

2020年10月、第5回SeaBOS会議がオンラインで開催されました。IUU(違法・無報告・無規制)漁業および強制労働・児童労働の撲滅、養殖の抗生物質使用削減、海洋プラスチック問題、気候変動問題など、各タスクフォースの主要テーマについて議論が行われ、それぞれにおける2021年末までの目標と計画について合意がなされました。

テーマ 主な合意事項
IUU漁業、強制労働、児童労働の撲滅
  • 自社オペレーションの漁業、養殖において、IUU漁業、強制労働、児童労働への関与がないことを確認する
  • 外部からの調達品についても、サプライチェーン上の問題への対応策を講じ、2022年と2025年に進捗報告する
絶滅危惧種への対応
  • 絶滅危惧種への影響を減らす方針への合意
海洋プラスチック問題
  • GGGI(注)との連携を拡大し、漁具の紛失や遺棄の問題を解決する
  • 海岸や河川のクリーンアップ活動なども組み合わせ、海洋プラスチック問題の解決に取り組む
養殖における抗生物質使用削減
  • 抗生物質の使用削減の方針への合意
気候変動問題
  • 各企業におけるCO2排出削減目標と報告手法を定める

また、11月にオンラインで開催された「東京サステナブル・シーフード・シンポジウム2020」では、SeaBOSに関するパネルディスカッションが行われました。ニッスイは、SeaBOSマネージングダイレクターのマーティン・エクセル氏、マルハニチロ株式会社とともに登壇し、自社のCSR調達や水産資源調査、海洋プラスチック問題への取り組みについて報告しました。

 

【写真】TSSS2020
【写真】TSSS2020

(注)GGGI:Global Ghost Gear Initiative。ゴーストギア(紛失・遺棄等により海洋に残存する漁具)対策を目的とするイニシアティブ。廃棄漁具のデータベース化や、ゴーストギア発生抑制のためのガイドライン作成を行っている。

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課

SeaBOSの特徴

科学とビジネスの融合

SeaBOSの最大の特徴は、科学者と水産業界の主要企業が協力し、科学的根拠に基づき持続可能性に取り組んでいることです。そのひとつの例としては、SeaBOSメンバーの企業が、生態系研究における古典的な概念「Keystone種」にヒントを得て選定されていることが挙げられます。「Keystone種」とは、生態系に大きな影響を与える、要となる種のことです(元々Keystoneとはアーチ型石橋の頂上部の要石(かなめいし)のこと)。SeaBOSは、この概念に基づき、世界の大手水産企業こそが海洋生態系に大きな影響を及ぼす「Keystone actors」の可能性があり、またそれらの企業がサステナビリティの取り組みでリーダーシップを発揮すれば水産業界全体に連鎖的な効果をもたらし、結果として水産資源や海洋生態系の管理の大きな向上につながると考えています。

 
【写真】Keystone種(SeaBOS資料より)

Keystone種(SeaBOS資料より)

 

取り組み分野

SeaBOSはIUU漁業撲滅や海洋プラスチック問題などに関する複数のタスクフォースを有し、水産資源の持続可能性のため様々な取り組みを行っています。

 
【写真】SeaBOSのタスクフォース(SeaBOS資料より)

SeaBOSのタスクフォース(SeaBOS資料より)

 
system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課