Social 社会

CSR調達

ニッスイグループ調達基本方針の策定

原材料を調達する上で基本的な考え方を整理し、ニッスイグループ調達基本方針としてまとめました。

ニッスイグループ調達基本方針

私たちニッスイグループは、創業の理念に基づき、「地球や海の恵みに感謝し、5つの遺伝子から多様な価値を創造し、事業を通じて社会の課題解決に取り組む」ことを宣言しています。
そこで、原料等の調達においてもステークホルダーの期待に応え、社会貢献に寄与できるよう、CSR行動宣言を踏まえて「ニッスイグループ調達基本方針」を策定しました。
私たちニッスイグループは、本方針に従って、お取引先のご理解とご協力、ご支援を仰ぎながら、信頼関係に基づく調達を推進してまいります。

①調達原則

  1. お取引先は、品質、コスト、デリバリー、サービスを総合的に勘案し選定します。
  2. 新たなお取引先に対しては、等しく門戸を開放します。
  3. 規格保証書の入手と相見積もりにより、適正な品質、価格で取引を行います。
  4. 安全性の担保と品質の向上を前提としたコストダウンを積極的に推進します。

②遵法・調達倫理

  1. 日本や関係各国の法令・ルールや社内規則を遵守します。
  2. お取引先と交わした契約を誠実に履行します。
  3. お取引先から知り得た情報の重要性を理解し、機密を保持します。
  4. 公正・公平な対応、透明性の高い手順によってお取引先との信頼関係を築きます。
  5. 不適切な利益供与や受領等の不正行為を排除します。

③環境配慮

  1. 地球や地域の環境保全に配慮されている原料等の調達を推進します。
  2. 原料等の調達では、持続可能性、生物多様性、生態系の維持に配慮されていることの確認に努めます。
  3. 資源、エネルギー等の循環利用に配慮されている原料等の調達に努めます。

④人権配慮

  1. 強制労働、児童労働、従業員の非人道的扱いに関わる原料等でないことを要請します。
  2. 従業員の連携の自由を尊重し、差別のない職場から供給される原料等の調達に努めます。
  3. 労働安全、衛生管理が適切な職場から供給される原料等の調達に努めます。

⑤お取引先との協働

  1. 重要なビジネスパートナーとしてお取引先と密接に協働します。
  2. お取引先に本調達方針をご理解いただき、ご支援とご協力を仰ぎます。
  3. お取引先からの様々なご提案については、真摯に検証、検討します。
株式会社ディ・エフ・エフ

サプライヤー行動指針

お取引先と協働して持続可能な調達を行うため、サプライヤー行動指針を策定しました。この指針は、「遵法・調達倫理」「環境配慮」「人権配慮」「お取引先様との協働」「品質・安全性確保」「情報セキュリティ」「社会貢献」の7つの大項目から構成されています。

株式会社ディ・エフ・エフ

CSR調達説明会

2018年2月、ニッスイグループCSR調達説明会を実施し、主要サプライヤーのうち国内サプライヤー19社が参加しました。
ニッスイグループCSRの取り組みやCSR調達基本方針、CSR行動指針に基づく購買取り組みセルフチェックシートの説明を行いました。
今後も定期的にサプライヤー説明会を実施し、信頼関係に基づく調達を進めてまいります。

【写真】CSR調達WG説明会

CSR調達WG説明会

株式会社ディ・エフ・エフ

CSR購買取り組みセルフチェックシート

CSR購買取り組みセルフチェックシートは、「遵法・調達倫理」「環境配慮」「人権配慮」「品質・安全の確保」「情報セキュリティ」「社会貢献」の項目から構成されており、特に「人権配慮」と「環境配慮」の項目を重要視しています。
また、新しくお取引を開始するサプライヤー向けにも「新規サプライヤー向け CSR購買取り組みチェックシート」を設け、ニッスイグループのCSR調達に理解をいただき、一緒に持続可能な調達の実現に向け協働していくことを確認しています。
 
株式会社ディ・エフ・エフ

2018年度実績

2018年度は原材料を調達しているサプライヤー全383社から14社、製品を調達しているサプライヤー全83社から18社、計32社を選定し、CSR購買取り組みセルフチェックシートに回答をいただきました。この32社で現在の原材料調達の39%、製品調達の56%をカバーできます(金額ベース)。
今後も国内外のサプライヤーに協力を仰ぎ、より広くCSR調達を推進していきます。
株式会社ディ・エフ・エフ