Society 社会

CSR調達

ニッスイグループはCSRのマテリアリティ(重要課題)の1つに「豊かな海を守り、持続可能な水産資源の利用と調達を推進する」を掲げ、2030年までにニッスイグループの調達品について持続可能性が確認されていることを目指しています。
水産資源の利用と調達では、資源の持続と労働における人権課題の解決が求められています。私達は全てのサプライヤーとの協働により、人権を尊重した持続可能な調達を推進します。

ニッスイグループ調達基本方針の策定

原材料、または製品を調達する上で基本的な考え方を整理し、方針としてまとめました。

ニッスイグループ調達基本方針

私たちニッスイグループは、創業の理念に基づき、「地球や海の恵みに感謝し、5つの遺伝子から多様な価値を創造し、事業を通じて社会の課題解決に取り組む」ことを宣言しています。
そこで、原料等の調達においてもステークホルダーの期待に応え、社会貢献に寄与できるよう、CSR行動宣言を踏まえて「ニッスイグループ調達基本方針」を策定しました。
私たちニッスイグループは、本方針に従って、お取引先のご理解とご協力、ご支援を仰ぎながら、信頼関係に基づく調達を推進してまいります。

①調達原則

  1. お取引先は、品質、コスト、デリバリー、サービスを総合的に勘案し選定します。
  2. 新たなお取引先に対しては、等しく門戸を開放します。
  3. 規格保証書の入手と相見積もりにより、適正な品質、価格で取引を行います。
  4. 安全性の担保と品質の向上を前提としたコストダウンを積極的に推進します。

②遵法・調達倫理

  1. 日本や関係各国の法令・ルールや社内規則を遵守します。
  2. お取引先と交わした契約を誠実に履行します。
  3. お取引先から知り得た情報の重要性を理解し、機密を保持します。
  4. 公正・公平な対応、透明性の高い手順によってお取引先との信頼関係を築きます。
  5. 不適切な利益供与や受領等の不正行為を排除します。

③環境配慮

  1. 地球や地域の環境保全に配慮されている原料等の調達を推進します。
  2. 原料等の調達では、持続可能性、生物多様性、生態系の維持に配慮されていることの確認に努めます。
  3. 資源、エネルギー等の循環利用に配慮されている原料等の調達に努めます。

④ 人権配慮

  1. 強制労働、児童労働、従業員の非人道的扱いに関わる原料等でないことを要請します。
  2. 従業員の連携の自由を尊重し、差別のない職場から供給される原料等の調達に努めます。
  3. 労働安全、衛生管理が適切な職場から供給される原料等の調達に努めます。

⑤お取引先との協働

  1. 重要なビジネスパートナーとしてお取引先と密接に協働します。
  2. お取引先に本調達方針をご理解いただき、ご支援とご協力を仰ぎます。
  3. お取引先からの様々なご提案については、真摯に検証、検討します。
株式会社ディ・エフ・エフ, 日本水産株式会社 CSR部CSR課

サプライヤー行動指針

お取引先と協働して、持続可能な調達を行う為、サプライヤー行動方針を策定しました。この指針は、「遵法・調達倫理」「環境配慮」「人権配慮」「お取引先様との協働」「品質・安全性確保」「情報セキュリティ」「社会貢献」の7つの大項目から構成されています。

株式会社ディ・エフ・エフ, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者

CSR調達推進体制

ニッスイグループ調達基本方針、サプライヤー行動指針のもと、ニッスイグループが関わるサプライヤーでの人権・環境リスクを排除する為、3つのチェック体制でCSR調達を推進しています。

ニッスイCSR購買取り組みセルフチェックシート

お取引金額が多い、依存度が高い等、ニッスイグループにとって関係性の深いサプライヤー向けのセルフチェックシート。「遵法・調達倫理」「環境配慮」「人権配慮」「品質・安全の確保」「情報セキュリティ」「社会貢献」の項目から成り、サプライヤーに自社の取り組み状況を答えていただきます。特に環境と人権に重きを置いた質問構成となっており、全135項目のチェックシートです。このセルフチェックシートにお答えいただきたいサプライヤーに向けては、説明会を実施しています(CSR調達説明会)。

新規サプライヤー向けCSR購買取り組みチェックシート

これからニッスイとお取引を行うサプライヤーに向けたチェックシート。ヒアリング形式で行い、CSRの基本的な内容で17項目の質問。ニッスイのCSR調達の考え方と目指すべき姿に同意をいただき、一緒に協働いただける意思確認が目的です。

簡易チェックシート

既にお取引のあるサプライヤーは650社以上にのぼります。その全てのサプライヤーが対象となるチェックシートです。項目はCSR調達で特に重要視する「人権配慮」に絞り9項目ですが、ニッスイ社員による現地・現物確認です。

これら3つのチェック体制により、ニッスイグループとお取引のあるサプライヤーの現状を確認・把握し、リスクがあると判断されれば一緒にその現状を改善していきます。ニッスイはサプライチェーン全体で持続可能な調達を目指します。

株式会社ディ・エフ・エフ, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者

CSR調達説明会

2019年2月、昨年に続き2回目となるニッスイグループCSR調達説明会を開催しました。2019年度に「ニッスイCSR購買取り組みセルフチェックシート」にお答えいただく主要サプライヤーのうち国内サプライヤー16社が参加しました。 社外講師から「水産・食品の調達で求められるCSR」の講演をはじめ、ニッスイグループのCSRの取り組みや、「ニッスイグループ調達基本方針」「サプライヤー行動指針」の考え方、「ニッスイCSR購買取り組みセルフチェックシート」の説明を行いました。 この説明会に参加できない海外のサプライヤーに対しては、個別訪問を行い同様の説明を行う予定です。 今後も年に1回、サプライヤー向け説明会を実施し、信頼関係に基づくCSR調達を進めてまいります。

【写真】ニッスイグループCSR調達説明会

ニッスイグループCSR調達説明会

株式会社ディ・エフ・エフ, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者

2018年度実績と2019年度計画

2018年度は国内外32社に「ニッスイCSR購買取り組みセルフチェックシート」に回答を頂きました。その全データを集計分析し、特に「人権配慮」と「環境配慮」への認識、取り組みを確認した上で、結果をグラフ化し、今後さらに取り組みを強化いただきたい内容についてコメントを記載したフィードバックシートを返却しました。
2019年度は、2018年度調査対象サプライヤーから16社に再調査を依頼し、新たに19社のサプライヤーを対象として「ニッスイCSR購買取り組みセルフチェックシート」にお答えいただく予定です。

株式会社ディ・エフ・エフ, 日本水産株式会社 CSR部CSR課

ステークホルダーダイアログ

2018年8月、有識者2名とのステークホルダーダイアログを開催しました。ニッスイグループが調達した水産資源の資源状況調査についての意見交換と、CSR調達の進化につき、ご意見と評価をいただきました。
その中で、「サプライヤーを巻き込んだCSR調達の仕組み作りはIUU漁業対策としても心強い。今後、どのような形で第三者の目を入れるかを検討する段階になる。」「IUU漁業への対策が広がれば、現在問題になりつつある奴隷労働問題に対する自己防衛にもつながる。」とのご意見をいただきました。

【写真】ステークホルダーダイアログ

ステークホルダーダイアログ

株式会社ディ・エフ・エフ, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者