Social 社会

安全・安心の考え方

品質保証憲章

理念

素材の「おいしさ」「新鮮さ」を大切にし、お客様一人一人に満足いただける安全・安心で、価値ある品質の商品をお届けし、健康で豊かな食生活作りに貢献します。

お客様の信頼と共感を得る為に、役職員一人一人が品質に対する自己の責任を全うし、顧客満足の向上にたゆみなき努力をつづけます。

品質方針

  1. 適正な資源管理と水域環境の保全の基に、持続可能な漁業生産の維持に努める。
  2. 養殖場、農場、養鶏場などの生産過程の管理を行い、最終製品までの一貫した品質保証体制の確立をめざす。
  3. 使用する原料・副原料は、由来・履歴の確かなものとし、添加物を必要最少限度に抑えた商品づくりをする。
  4. HACCP管理に対応できる「施設・設備」、「管理システム」、「訓練された従業員」を配する工場で商品を生産する。
  5. 品質を損なうことなく商品を食卓へお届けできるよう管理された物流システムを維持・確立する。
  6. お客様との対話を大切にし、お客様に満足いただける商品づくり、商品・サービスの改善を進める。
  7. 法令およびお客様の価値観に基づいて策定した自主基準を遵守した行動、商品づくりをする。
  8. 使用原料の由来・履歴、栄養成分・カロリー、アレルギー成分、生産工程など商品に関する情報を正しく、わかり易くお客様に提供する。

制定日:2002年10月1日

改定日:2010年10月13日

株式会社ディ・エフ・エフ, 日本水産株式会社 CSR部CSR課

品質保証体制

安全・安心の3つの柱

品質保証に関する理念や方針のもと、基準やルールを守り実行すること、および品質管理や検査による商品の安全性を確保し、情報をお伝えすることを基本に考えております。

【図版】安全・安心の3つの柱

品質保証の仕組み

安全が確認できた原材料だけを使用し、工場の生産からお届けするまで商品を品質保証するしくみを構築しています。

【図版】品質保証の仕組み

品質保証体制図

ニッスイでは、社長を委員長とする品質保証委員会を設置し、品質安全システムを維持・管理する体制を整えています。

【図版】品質保証体制図

品質保証部

商品の安全性を第一に考え、品質保証のしくみ作りと適切な運営、監査による工場評価と改善の支援、お客様の安心を確保するための活動などを行っています。また、食の安全に関する法律とコンプライアンスを推進し、ニッスイの品質方針や基準に従った管理体制の運営維持を行っています。

品質保証に関する学習

グループ全体で安全・安心の意識を維持し、より高めるために、品質管理の担当や工場の責任者に向けた品質管理研修を定期的に行っています。海外においても、工場責任者や現地スタッフに向けた教育活動を継続して行っています。

株式会社ディ・エフ・エフ, 日本水産株式会社 CSR部CSR課