Environment 環境

海洋プラスチック

リード文

海洋プラスチック

海のプラスチックごみや大きさが5㎜以下のマイクロプラスチックは、海洋環境だけでなく、生態系に影響を及ぼす問題として大きな注目を集めており、国際社会および国内においてその対策が急がれています。プラスチックは世界中のあらゆる海に存在し、現在でも年間800万トンが新たに海へ流出していると言われます。そして、それらの8割がペットボトルなどわたしたちの暮らしにかかわる陸由来のものであることが分かっています。

ニッスイグループは海洋プラスチック問題への取り組みとして、プラスチックの3R(Reduceリデュース、Reuseリユース、Recycleリサイクル)の推進と代替素材の検討を行っています。また、事業所周辺および海や川など公共エリアのクリーンアップに関しては、その目的について、

 
  • 地域社会へ貢献すること
  • プラスチックを含むポイ捨てごみや漂着ごみを拾い、それらが海域へ流出するのを防ぐこと

とし、全体で意識を共有しながら活動を進めています。

 

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課

ニッスイグループ プラスチック問題に対する基本方針の策定

海洋プラスチック問題やプラスチックの使用に関する基本的な考え方を整理し、方針としてまとめました。

ニッスイグループ プラスチック問題に対する基本方針

私たちは、海洋プラスチックをはじめとする地球環境問題に取り組みステークホルダーの皆様と共に豊かな海を守ります

1)海洋への流出

漁業・養殖業で使用するプラスチック製漁具については、材質の見直しや管理の徹底によりマイクロプラスチックやゴーストギア(注)となることを防ぎます

2)事業活動での排出

生産工場では、廃プラスチックの排出量の削減とリサイクルの拡大に取り組みます

3)消費段階での排出

食品の容器包装では、品質保持機能などプラスチックの有用性を活かすとともに環境負荷の低減に取り組みます

  • 継続的な商品設計の見直しにより、プラスチック使用量を削減します
  • 植物由来(バイオマスプラ)、易リサイクル、再生素材などを使用(代替え)します
4)社員ひとりひとりの取り組み

社員が参画する清掃活動を通じて、街・川・海でのプラスチックごみを低減し、海洋環境の保全に取り組みます

 

(注)ゴーストギア:紛失したり、遺棄されたりし、海洋中に存在する漁具

制定日:2020年2月21日

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課

海洋環境・プラスチック部会の設立

プラスチック等による地球規模での深刻な海洋汚染の進行、海洋生態系やヒトへの影響が懸念されます。廃プラスチックの有効利用率が低迷し、資源循環が機能しないなどの社会的な課題を背景として、事業として取り組むべきことを検討するため、2019年2月に海洋環境・プラスチック部会を立ち上げました。部会長には執行役員、メンバーは関係各署の部長、課長が選任され、2つのワーキンググループ(海洋環境WG、プラスチックWG)でそれぞれ活動を推進しています。

海洋環境ワーキンググループ

海洋環境におけるプラスチックのゼロ・エミッションを推進しています。

  • 漁業、養殖事業での使用プラスチックの管理実態把握と改善、コミットメント
  • マイクロプラスチックの流出実態調査と抑制活動の推進
  • 陸域での清掃および海洋漂着物等の回収活動の推進

プラスチックワーキンググループ

プラスチック資源の3R+R(リデュース・リユース・リサイクル+リニューアブル)を推進しています。

  • 工場、家庭(使い捨て容器包装)、物流の各段階でのプラスチックの削減とリサイクル推進
  • 外部団体(CLOMA)への参画、協働、情報収集

推進体制

【図版】海洋環境プラスチック部会推進体制

ニッスイにおけるプラスチック製容器包装の削減実績は
こちら

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課

ニッスイグループのクリーンアップ作戦

ニッスイグループでは2010年より2回/年、全国で事業所周辺の清掃活動「クリーンアップ作戦」を行っています。参加者に対しては、ポイ捨てごみが川に流れやがて海へ行きつく可能性があること、この活動が単なるごみ拾いではなく、ごみの海洋への流出防止を目的としていることなどを事前案内し、事業との関連を明確にしています。
2019年5月~6月の第18回では、111事業所から1,659名が参加し、合計で2,831kgのごみを拾いました。

【写真】ニッスイグループのクリーンアップ作戦
【写真】ニッスイグループのクリーンアップ作戦

ニッスイグループ 国内クリーンアップ活動 実績

【グラフ】ニッスイグループ クリーンアップ作戦 実績

海外のクリーンアップ活動

海外のグループ会社においても事業所周辺の清掃活動を行っています。

【写真】ニッスイタイランド社(タイ)海岸清掃

ニッスイタイランド社(タイ)
海岸清掃

【写真】サルモネス・アンタルティカ社(チリ) Rio Arena養殖場周辺の海岸を清掃

サルモネス・アンタルティカ社(チリ)
Rio Arena養殖場周辺の海岸清掃

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課

減容機を使用した発泡スチロール箱のマテリアル化リサイクル

ニッスイのグループ会社である金子産業株式会社では、以前からLPGガスを燃料とする発泡スチロール減容機を使用していましたが、2017年8月、200V電源タイプの減容機(EAP-600s)を導入しました。事業所の敷地内にリサイクルスペースを用意し、減容機を設置、自社で管理・運用しています。
一般的に魚箱(魚函)と呼ばれる、水産品の輸送に使用された使用済み発泡スチロール箱をリサイクルする際には、付着した汚れや臭いが課題になります。また、高品質なマテリアル化のためには発泡スチロール箱に貼付されたPS製(ポリスチレン製。発泡スチロールと同素材)以外のシール類も除去する必要があります。
金子産業では、減容化の際、まず前処理として、(1)発泡スチロール箱の水分・塩分をできる限り除去し、(2)紙製のテープやシール、その他のラベルなどをすべて手作業で剥がします。その後、発泡スチロールを減容機に投入し、粉砕→熱溶解→インゴット(プラスチックのかたまり)に成型します。この取り組みによる、2019年度の発泡スチロール箱処理重量は合計で2.1t/年となりました(注1)。金子産業で作られ有価物として売却されるこれらのインゴットは、プラスチック製品の原料となりますが、上質な素材であることから、廃棄物ではなく「資源」として中国へ輸出されています(注2)。

(注1):金子産業では、プラスチック使用削減の一環として、同時に発泡スチロール箱の使用量削減も進めているため、処理量自体は減少傾向にある。

(注2):中国は2017年12月、汚れた廃プラスチックの輸入を中止。高品質のもののみ資源として受け入れている。

【写真】金子産業_1
【写真】金子産業_2
system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課

荒川環境学習

2017年より、NPO法人 荒川クリーンエイド・フォーラムの協力を得て、荒川の環境や生物多様性について学び、河川敷の漂着ごみを拾う清掃活動をしています。2019年度は、海の大切さを体感するために2018年度より開始した新入社員研修に加え、5月にCSR活動を推進する役割を担った本社勤務のCSR推進委員(各部署に一名ずつ設置)向けに荒川での研修を行いました。また、9月には従業員と家族向けプログラムも実施し20名が参加しました。この際の座学では参加者は海洋プラスチック問題という社会課題について最新のデータに基づいたレクチャーを受け、河川敷でのフィールドワークでその実態に向き合いました。河川ごみの多さに衝撃を受けるとともに、課題解決のために一人ひとりが身近なところからできることは何かを考えました。

【写真】新入社員研修 座学の様子

新入社員研修 座学の様子

【写真】新入社員研修 清掃活動

新入社員研修 清掃活動

【写真】9月 清掃活動

9月 清掃活動

【写真】漂着・堆積した微細なプラスチックごみ

漂着・堆積した微細なプラスチックごみ

【写真】2019荒川集合
system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課

ニッスイオリジナル LIMEX(ライメックス)製マイボックス

2018年、フードロスへの取り組みの一環として、LIMEX製マイボックスを作成し従業員へ配布しました。LIMEXとは、石灰石を主原料とし、紙やプラスチックの代わりとなる新素材です。マイボックスは外食の際に残った食べ物を持ち帰るドギーバッグの容器として、あるいは屋台などで使われる使い捨てプラスチック容器の代わりとして使用することができます。ボックス上部には「IMA JIBUNGA Dekirukoto(今、自分ができること)」、底面には関連するSDGsの目標とともに、「食べられない人もいる、だからこそ責任を持って最後まで」「そしてこれは豊かな海につながるチャレンジ」のメッセージが入っています。

【写真】ニッスイオリジナル LIMEX製マイボックス
system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課

プラスチックの海洋流出問題に取り組むベンチャー企業(株式会社ピリカ)への協賛

プラスチックなど海洋ごみの発生源は都市を中心とした陸域とされていますが、それらの流出ルートは解明されていません。2018年度より、ニッスイはプラスチックの海洋流出問題の実態解明を目指す「アルバトロス」プロジェクトに取り組む、株式会社ピリカへの協賛を行い、自社の事業に直結する海の環境問題・プラスチック海洋流出問題への具体的なアプローチをスタートさせています。

プラスチックの海洋流出問題の実態解明を目指す「アルバトロス」プロジェクトの内容

●STEP1

調査手法の確立…海洋へのプラスチック流出について有効な調査手法を開発する

●STEP2

流出メカニズムの解明…海洋へのプラスチック流出メカニズム(流出経路と流出品目)を調査し、問題を絞り込む

●STEP3

対策の検討と実施…海洋へのプラスチック流出問題について優先順位の高い順から対策を検討し、実行する

【写真】株式会社ピリカ

株式会社ピリカ

system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課

プラスチック製の袋を使わない運動「NTC say no plastic bag」(ニッスイタイランド社)

ニッスイの海外グループ会社であるニッスイタイランド社は、タイのハジャイで水産品の加工を行っています。ニッスイタイランド社は、2019年12月から「NTC say no plastic bag(プラスチック製の袋を使いません)」運動を開始しました。これは、ごみの中でも特にプラスチック製の袋に由来する環境問題について、従業員や取引先と知識を共有し、実際にそれらの使用を削減していこうという取り組みです。工場においては、従業員とベンダーに対し、プラスチック製の袋ではなく、天然素材の袋を使うことを奨励しています。また、従業員の制服を洗濯する際に使っていたビニール袋に関しても、使用をやめ、布袋への切り替えを実施しました。その他には、リサイクル素材を使った手作りの布製エコバッグのコンテストの開催なども行いました。

【写真】プラ袋_1
【写真】プラ袋_2
system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課

肥料化できるコーヒーカップへの転換(シーロード社)

ニッスイの海外グループ会社であるシーロード社は、ニュージーランドの水産会社です。シーロード社では従来、社内の従業員向けコーヒーカップとして、プラスチック(ポリスチレン)製カップを使用しており、使用後、これらのカップは埋め立て処分としていました。2019年、これらの段階的な廃止を決定し、環境負荷の低い素材でできたカップへ切り替えをスタートさせました。新たに採用したのは、エコウェア社(注)の「エコカップ」です。石油ではなく植物由来の材料から作られており、使用後には肥料化リサイクルが可能です。導入にあたり、会社の敷地内に専用の回収箱を複数設置し、肥料化リサイクルのための環境を整えました。ひとつの例として、シーロード社のネルソン事業所では毎週約8,000カップが使用されますが、現在、それらの全てが埋め立て処分から肥料化リサイクルへと転換されています。この取り組みによる2019年のプラスチック使用削減量は、他の事業所も合わせて、約1t/年となりました。

(注1)エコウェア社:ニュージーランドに本社を置く環境配慮型パッケージ会社。

【写真】eco_cups_2
【写真】eco_cups
system, 日本水産株式会社 CSR部CSR課, 外部協力者, 日本水産株式会社 広報課, 日本水産株式会社 人事部人事課