Environment 環境

水産資源の持続可能性

世界で初めてブリのASC認証を取得

日本水産株式会社の連結子会社である黒瀬水産は、国内最大級のブリ養殖企業として養殖技術の研究や飼料の開発・生産、加工までを行っています。黒瀬水産のブランドである「黒瀬ぶり」は、身が締まっているのが特徴で、ニッスイグループの養殖技術により年間を通じて脂ののった高品質なブリを安定供給しています。

その黒瀬水産が2017年12月16日付で、世界で初めてブリのASC認証(注1)を取得し、ASC認証の養殖魚を出荷するため、2017年11月30日付で同社の加工工場についてCoC認証(注2)も取得しました。

世界全体のブリ類養殖生産の約9割を日本が占めており、このような環境配慮の認証を得ることは、日本近海の海をまもっていく上で非常に意義があると考えています。また、「黒瀬ぶり」をはじめとした認証水産物が市場に出ることにより消費者の認知が進み、環境に配慮した水産品が広がっていくことが期待されます。
ニッスイグループは海の恵みに感謝し、これからも漁業・養殖において資源を持続的に利用する技術開発に取り組み、環境や資源を次の世代につなぎます。

  • (注1)ASC認証
    養殖業が持続可能な方法で運営され、周辺の自然環境や地域社会への配慮が行われている「責任ある養殖水産物」であることを証明するもので、WWF(World Wide Fund for Nature、世界自然保護基金)とオランダの持続可能な貿易を推進する団体であるIDH(The Sustainable Trade Initiative)が設立支援した水産養殖管理協議会(Aquaculture Stewardship Council)が運営しています。
    この認証制度は自然資源の持続可能な利用を補いながら、養殖そのものが及ぼす環境への負荷を軽減し、これらに配慮した養殖業に携わる地域の人々の暮らしを支えるための社会的な仕組みの一つです。 ASC認証の対象魚種は、ティラピア、パンガシウス、サケ、エビ、マス、二枚貝、アワビなど30種があり、全世界で36か国554養殖場が取得しています(2017年12月19日現在)。このほど黒瀬水産がASC認証を取得したブリは31番目です。
    なお、天然魚に対する認証制度はMSC(海洋管理協議会、Marine Stewardship Council)が運営しています。
  • (注2)CoC認証
    MSCが管理運営する、加工流通過程の管理(Chain of Custody)に対する認証のことで、製品の製造・加工・流通の全ての過程において、認証水産物が適切に管理され、非認証原料の混入やラベルの偽装がないことを認証します。

詳しい情報はこちら

株式会社ディ・エフ・エフ

水産系エコラベル「MSC認証商品」

代表的な水産系エコラベルの1つであるMSCでは、海の自然や資源を守って獲られた持続可能な水産物を認証しています。
MSC認証を取得した水産物は国際的なトレーサビリティが可能であり、的確な水産資源管理につながります。
ニッスイはアラスカのスケソウダラなど、複数の漁場魚種でMSC認証を取得しており、2018年秋の新商品の中にもMSC商品が並びます。

【写真】MSCおやつソーセージ

MSCおやつソーセージ

【写真】MSC減塩海からサラダフレーク

MSC減塩海からサラダフレーク

【写真】MSCおさかなミンチ

MSCおさかなミンチ

【写真】MSCおさかなミンチ

MSCおさかなミンチ

【写真】MSCお弁当ハンバーグ

MSCお弁当ハンバーグ

【写真】おいしいものをちょっとだけ

おいしいものをちょっとだけ

【写真】今日のおかずMSCフィッシュフライ完熟トマトのソースのせ

今日のおかずMSCフィッシュフライ
完熟トマトのソースのせ

株式会社ディ・エフ・エフ

GSSI

ニッスイは日本企業として初のGSSI*ファンディングパートナーになりました。
GSSIは、持続可能な水産物認証プログラムを検証する国際パートナーシップです。2017年4月、日本企業として初めて、この活動を支援するファンディングパートナーに参画しました。さらに、2018年9月現在、海外のグループ会社6社もGSSIファンディングパートナーとして加入しています。ニッスイグループは、グローバルな資源持続性を推進する企業として、GSSIの活動を積極的に支援していきます。

*GSSI:Global Sustainable Seafood Initiative(世界水産物持続可能イニシアチブ)
 
株式会社ディ・エフ・エフ

SeaBOS 持続的な水産事業のための活動

世界の水産業界のリーダー企業が参画するSeaBOS(持続的な水産ビジネスを目指すイニシアティブ)(注)の一員として、持続的な水産事業のための課題解決に取り組んでいます。
ニッスイは、2017年10月に開催された「東京サステナブルシーフードシンポジウム2017」において、海洋環境および海洋資源の保全の保全と持続的な資源利用を進めるSeaBOSの考え方に賛意を表明するとともに、SeaBOSの取り組みを自社のCSR活動の一環として進めていくことを表明しました。
2018年9月、軽井沢で開催された第3回SeaBOS会議では、国連SDGsの推進役であるスウェーデン皇太子ビクトリア殿下がご臨席されたほか、趣旨に賛同しメンバーとなった世界の水産企業10社のCEOが顔を揃えました。会議では、IUU(違法・無報告・無規制)漁業や奴隷労働の撲滅などに取り組むことで合意しました。また、海洋プラスチックごみ問題についても新たに戦略を策定していくことが決まりました。

(注)SeaBOS: Seafood Business for Ocean Stewardshipの略。日本、ノルウェー、タイ、米国、韓国など世界各国から水産企業が参加。日本からは、ニッスイ、マルハニチロ、極洋の3社が参加している(2018年9月現在)。スウェーデン ストックホルム大学のストックホルム・レリジエンスセンターが事務局として活動を推進。

【写真】SeaBOS軽井沢会議

写真提供: Said Karlsson

株式会社ディ・エフ・エフ

水産資源調査

世界の水産資源の状態は枯渇化が進んでいます。海の恵みを受けて事業を営むニッスイとして、水産資源の持続性の確保は重要な課題の1つです。

ニッスイグループは、2016年の取引実績を対象に調査を行い、グループ会社(国内28社、海外16社)が調達した主な魚(天然魚)の資源状況について、魚種、漁獲海域、原産国、重量(原魚換算)を手掛かりに、資源の持続性についてまとめました。

調査の結果、ニッスイグループの調達数量は世界の漁獲量の1.6%に相当相当し、取り扱い魚種のうち88%は「心配ない」、37%は水産エコラベル認証品でした。
絶滅危惧種を含め「心配ある」と分類された魚種については、資源回復計画の有無、網目規制や操業期間の制限の有無、漁業管理の有無を確認し、取り扱いを判断しています。
管理されていないことが明らかな資源や不明な状態が継続する資源、さらにIUUや強制労働が疑われる場合には、取り扱いません。
 
ニッスイは調達した水産物の資源状況の実態調査を定期的に行い、「2030年までにニッスイグループの調達品についての持続性が確認されている」状態を目指します。
 
株式会社ディ・エフ・エフ

ステークホルダーダイアログ

ニッスイは様々なステークホルダーのご意見を経営やCSR活動に活かしていくため、ステークホルダーダイアログを開催しています。
2018年8月1日、4回目となるステークホルダーダイアログを開催しました。
今回は、有識者に国立研究開発法人水産研究・教育機構顧問 大関芳沖 氏 と (公財)世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)自然保護室 海洋水産グループ長 山内愛子 氏を招き、水産資源の持続可能性とCSR調達について意見を交わしました。

【写真】ステークホルダーダイアログ

 

【写真】ステークホルダーダイアログ

 

株式会社ディ・エフ・エフ

サステナブル・シーフード・ウィークへの協力について

WWFジャパン及びMSC日本事務所は、持続可能な水産物であることを示す「MSCラベル」や「ASCラベル」認証フードの利用を呼びかける「サステナブル・シーフード・ウィーク」キャンペーンを毎年開催しています。

当社は、このキャンペーンの趣旨に賛同し協力しています。

サステナブル・シーフード・ウィークのウェブサイト

株式会社ディ・エフ・エフ

WWFジャパン「太平洋クロマグロ保全の誓い」への参画

ニッスイでは、中期経営計画「MVIP+2020」おいて、CSRに根ざした経営の推進を掲げており、ニッスイの事業の根幹をなす水産資源の持続的な利用と調達について検討を開始しています。
WWFジャパンの提起による「太平洋クロマグロ保全の誓い」への参画により、これに賛同する複数の日本企業とともに、国際漁業資源である太平洋クロマグロの資源管理に関してさらなる国際合意を進めることを望む意思を表明します。

「太平洋クロマグロ保全の誓い」

私たちは、太平洋全域における太平洋クロマグロの保全と持続可能な利用を支持することを誓います。

私たちは、水産物を取り扱う責任ある企業として、人々の暮らしに配慮し、環境への影響を最小限に抑え、責任をもって管理された高品質の水産物を市場に供給することを推進しています。そのために、由来・履歴の明らかな水産物を取扱い、管理の不十分な場合は取り扱わないよう努めております。

太平洋クロマグロは、その資源状況が依然として歴史的に最低水準付近にあり、将来に渡って持続的に利用できるかが懸念されています。その太平洋クロマグロは、日本をはじめとした太平洋沿岸諸国において雇用や経済を支えているだけでなく、太平洋における海洋の食物連鎖の頂点として海洋生態系において特に重要な役割を果たしています。

私たちは、人が自然と調和して生きる未来を築くために、太平洋クロマグロに対し科学的知見の下、予期せぬ資源状況に備えた緊急ルールが導入され、予防原則を意識した長期的管理方策の下に管理されることで、その資源が現在の歴史的最低水準付近から着実に回復していくことを願っており、その取組みを支持していくことを誓います。

以下のWWFジャパンHPでもご覧いただけます。
http://www.wwf.or.jp/activities/2016/11/1347330.html新しいウィンドウで開きます。

株式会社ディ・エフ・エフ